製品レビュー

  • 星野誠氏が体感するSTAX「イヤースピーカー」の新境地

    星野誠氏が体感するSTAX「イヤースピーカー」の新境地

    国内オーディオ機器ブランドの老舗として知られるSTAX。1938年に創業した前身企業、昭和光音工業を経て1963年にSTAXブランドを立ち上げて以降、あらゆるオーディオ機器を手掛けてきた。その中で最も得意としているのが静電型(コンデンサー型)の製品。特に“イヤースピーカー”を称するオープン・エアのヘッドフォンが出色だ。本誌は2019年1月号で、フラッグシップ機SR-009Sと長方形のボディが印象的なSR-L700の2モデルを取り上げた。それらの製品レビュワーだったエンジニア星野誠氏がSR-009Sのサウンドに衝撃を受け、自ら購入したというのだ。今回は、6月に発売される新たなイヤースピーカー=SR-L700 MK2とSR-L500 MK2を星野氏に試していただき、音楽制作の視点からインプレッションを語ってもらった。

    星野誠 Photo:小原啓樹 2019/05/24

  • YUKA(moumoon)× Mouse

    YUKA(moumoon)× Mouse

    中域の温かい部分がしっかりと入りつつ 明るさも感じられるのが自分好みです BLUE MICROPHONESの製品を第一線のアーティストに試していただく本連載。今月登場するのはmoumoonのボーカリストで作詞も手掛けるY ……

    YUKA(moumoon) 撮影:Chika Suzuki 2019/05/24

  • ACOUSTIC REVIVE クロス・レビュー「Pro Tools用ケーブル」

    ACOUSTIC REVIVE クロス・レビュー「Pro Tools用ケーブル」

    “原音忠実”の理念のもと、ケーブルなどのオーディオ・アクセサリーを手掛けるACOUSTIC REVIVE。今回の製品クロス・レビューのテーマは、AVID Pro Tools|HDXまたはHD/HD Nativeシステムで使うPro Tools用ケーブル(DigiLink接続)だ。

    本間昭光、CHOKKAKU、飛澤正人 撮影:Hiroki Obara 2019/05/23

  • 「CLASSIC PRO DCP4450」製品レビュー:計5,600Wの出力が可能なクラスD増幅回路の4chパワー・アンプ

    「CLASSIC PRO DCP4450」製品レビュー:計5,600Wの出力が可能なクラスD増幅回路の4chパワー・アンプ

    CLASSIC PRO DCP4450

    久しぶりにサンレコ「NEW PRODUCT REVIEW」登場のイノックスサウンドデザインの井上朗です。今回はコスト・パフォーマンスに定評のあるCLASSIC PROより発売されたパワー・アンプ、DCP4450を紹介します。

    井上朗(イノックスサウンドデザイン) 2019/05/13

  • 「TASCAM DR-40X」製品レビュー:オーディオI/O機能を備えライブ配信も行えるハンディ・レコーダー

    「TASCAM DR-40X」製品レビュー:オーディオI/O機能を備えライブ配信も行えるハンディ・レコーダー

    TASCAM DR-40X

    TASCAMからDR-40の後継機種となるDR-40Xが発売されました。群雄割拠のマイク内蔵型ハンディ・レコーダー。どのような特徴があるか解説していこうと思います。

    ナカシマヤスヒロ 2019/05/10

  • 「NEKTAR TECHNOLOGY Panorama T6」製品レビュー:AU/VST対応DAWでインストゥルメントを扱えるMIDIキーボード

    「NEKTAR TECHNOLOGY Panorama T6」製品レビュー:AU/VST対応DAWでインストゥルメントを扱えるMIDIキーボード

    NEKTAR TECHNOLOGY Panorama T6

    NEKTAR TECHNOLOGYから61鍵のMIDIキーボードPanorama T6が発売されました。重量は7.6kgとある程度の重みがあり、演奏や操作する上での安定感に優れ、バス・パワー対応のUSB端子、MIDIアウトも備えています。AUやVST対応のプラグイン・インストゥルメント・コントロールを実現する初のモデルということで、実際に使用しレビューしていきましょう。

    木之下慶行 2019/05/09

  • 「SPITFIRE AUDIO Spitfire Studio Woodwinds Professional」製品レビュー:15種類のインストゥルメントをドライなサウンドで収録した木管音源

    「SPITFIRE AUDIO Spitfire Studio Woodwinds Professional」製品レビュー:15種類のインストゥルメントをドライなサウンドで収録した木管音源

    SPITFIRE AUDIO Spitfire Studio Woodwinds Professional

    今回レビューするのは木管音源のSPITFIRE AUDIO Spitfire Studio Woodwinds Professional(以下Woodwinds Pro)です。SPITFIREの音源を使っている作曲家は僕の周りにも多いので、良い評判はいつも耳にしていたのですが、自分自身はこれまで使用したことがありませんでした。以前から気になっていたSPITFIREの最新音源を試せるということで、ワクワクが抑えられません。

    土屋俊輔(PROCYON STUDIO) 2019/05/08

  • 「OVERLOUD THU」製品レビュー:膨大なアンプ/エフェクトを収めたギター・アンプ・シミュレート・ソフト

    「OVERLOUD THU」製品レビュー:膨大なアンプ/エフェクトを収めたギター・アンプ・シミュレート・ソフト

    OVERLOUD THU

    OVERLOUDからギター・アンプ・シミュレート・ソフトのTHUが発売されました。筆者も前バージョンから使っており、待望のアップデートということで機能がどれほど進化したのかいろいろと試してみたいと思います。

    鈴木Daichi秀行(StudioCubic) 2019/05/07

  • 「SOFTUBE Valley People Dyna-mite」製品レビュー:新たに2つのモジュールが追加されたリミッター/ゲート・プラグイン

    「SOFTUBE Valley People Dyna-mite」製品レビュー:新たに2つのモジュールが追加されたリミッター/ゲート・プラグイン

    SOFTUBE Valley People Dyna-mite

    SOFTUBEと、VALLEY PEOPLEが共同開発したリミッター/ゲート・プラグイン=SOFTUBE Valley Peop le Dyna-miteがアップデートされ、Dyna-mite Slam(以下、Slam)とDyna-mite Gate(以下、Gate)の2製品が新たに追加されました(Mac/Windows対応で、AAX Native/AU/VST/VST3に準拠)。今回は、この2つをメインにチェックしていきましょう。

    福田聡 2019/04/26

  • クロ(TAMTAM)× Baby Bottle SL

    クロ(TAMTAM)× Baby Bottle SL

    元からうまく処理されたような音で 声のおいしい帯域にピントが合うんです BLUE MICROPHONESの製品を第一線のアーティストに試していただく本連載。今月はTAMTAMのボーカリスト=クロさんの登場です。コンデンサ ……

    クロ(TAMTAM) 撮影:Chika Suzuki 2019/04/25

TUNECORE JAPAN