製品レビュー

  • 「PROPELLERHEAD Reason 9.5」製品レビュー:独自のGUIをキープしつつVSTに対応したDAWソフトの最新版

    「PROPELLERHEAD Reason 9.5」製品レビュー:独自のGUIをキープしつつVSTに対応したDAWソフトの最新版

    PROPELLERHEAD Reason 9.5

    PROPELLERHEADは、1994年に波形編集ソフトのReCycle!でブレイクビーツ制作に変革を与えたメーカーです。またROLANDの名機をコンピューター上で再現したReBirth RB-338では、ソフト・シンセの認知度を高めました。2000年にはMac/Windows対応のワークステーション型ソフト・シンセ、Reasonを発売。Reasonは2011年にオーディオ・レコーダー・ソフトのRecordを取り込み、DAWソフトへと進化を遂げました。プラグインに関しては、独自の“Rack Extension”という規格のみをサポートしていましたが、最新版のReason 9.5でVSTへの対応がアナウンスされました。Reason 9.5は、Reason 9を購入し、ソフト内でオート・アップデートをかけることで無償入手できます。またReason 1〜8およびRecordのユーザーは、上記のアップグレード価格で手に入れることが可能。それでは早速レビューしていきます。

    鈴木光人(スクウェア・エニックス) 2017/06/24

  • さまざまな現場で信頼を集めるデジタル卓=YAMAHA TFシリーズ

    さまざまな現場で信頼を集めるデジタル卓=YAMAHA TFシリーズ

    第6回 上野楽器 サウンドショップ ジェルム 本体のタッチ・パネル/専用APPLE iPadアプリによる直感的な操作性やコンパクト・ボディが特徴のPA用デジタル・ミキサー、YAMAHA TFシリーズ。今回は3Uラック型の ……

    サウンド&レコーディング・マガジン編集部 撮影:Yusuke Kitamura 2017/06/24

  • 「MXL DX-2」製品レビュー:2種類のカプセルを備えバランスを調整できるダイナミック・マイク

    「MXL DX-2」製品レビュー:2種類のカプセルを備えバランスを調整できるダイナミック・マイク

    MXL DX-2

    MXLはロサンゼルスのメーカー、MARSHALL ELECTRONICSのマイク・ブランド。これまでに真空管式のコンデンサー・マイクからリボン・マイク、果てはUSBマイクまで、幅広い製品を優れたコスト・パフォーマンスで提供し好評を得ています。今回レビューするDX-2は、カプセル(ダイアフラムや電極を含むユニット)を2つ縦に並べて搭載した少し変わり種のマイク。どんなトーンを聴かせてくれるのか、期待に胸が膨らみますね!

    中村公輔(Kangaroo Paw) 2017/06/05

  • 「SONICA INSTRUMENTS Tsugaru Shamisen」製品レビュー:津軽三味線のサウンドや奏法を収めたKontakt専用の音源

    「SONICA INSTRUMENTS Tsugaru Shamisen」製品レビュー:津軽三味線のサウンドや奏法を収めたKontakt専用の音源

    SONICA INSTRUMENTS Tsugaru Shamisen

    今回レビューするのはSONICA INSTRUMENTS Tsugaru Shamisen。待ちに待った津軽三味線専門のサンプル・プレイバック型音源です! 十三絃箏の音源として好評だった同社Koto 13に次ぐVirtuoso Japaneseシリーズの第2弾で、Mac/Windows対応のインストゥルメントNATIVE INSTRUMENTS Kontaktのバージョン5.4以上にて使用できます。

    井筒昭雄 2017/06/03

  • “あなたの「Get Wild」”リミックス・コンテスト 開催決定!

    “あなたの「Get Wild」”リミックス・コンテスト 開催決定!

    4月8日に30周年を迎え、記念に発売された全曲「Get Wild」で構成されたTM NETWORK『GET WILD SONG MAFIA』がオリコン週間アルバムランキング2週連続TOP10や各メディアでも取り上げられる ……

    編集部 2017/06/02

  • 「OUTPUT Analog Strings」製品レビュー:デュアル・レイヤーによる音作りが特徴のストリングス専用ソフト音源

    「OUTPUT Analog Strings」製品レビュー:デュアル・レイヤーによる音作りが特徴のストリングス専用ソフト音源

    OUTPUT Analog Strings

    ロサンゼルスに拠点を置くOUTPUT。リバース・サウンドに特化したRev、パルス・エンジンを搭載したSignal、ボーカル・エンジンのExhaleなど、斬新なコンセプトでソフト音源やエフェクト・プラグインをリリースしている同社より、ストリングス音源のAnalog Stringsが登場した。Mac/Windows対応のNATIVE INSTRUMENTS Kontakt 5 Playerをエンジンとし、スタンドアローンまたは、AAX/AU/VSTプラグインとして動作。20GB(非圧縮時:39GB)ものサウンド・ライブラリーと500ものプリセット音色が収録されている。

    牧戸太郎 2017/06/02

  • 「FOSTEX NF01R」製品レビュー:現代の制作環境に合わせて改良を施したモニター・スピーカー

    「FOSTEX NF01R」製品レビュー:現代の制作環境に合わせて改良を施したモニター・スピーカー

    FOSTEX NF01R

    おお、懐かしい。十数年前までよく利用していた渋谷のスタジオにNF-01Aが常設してあって、ミックスのときにはNF-01Aと幾つかのスピーカーを切り替えながら使っていました。最近見ないなぁと思っていたら2013年に生産終了していたのですね。このNF01Rは数々の最新テクノロジーを再投入してNF-01Aを改良した、200台(100ペア)限定発売のスピーカーです。さて、どれだけ音が変わったのか楽しみですね。

    Nagie(ANANT-GARDE EYES) 2017/06/01

  • 「PRESONUS FaderPort 8」製品レビュー:多くの機能に素早くアクセスできるDAWコントロール・サーフェス

    「PRESONUS FaderPort 8」製品レビュー:多くの機能に素早くアクセスできるDAWコントロール・サーフェス

    PRESONUS FaderPort 8

    DAWのみでのミキシングやアレンジ作業が当たり前になった現在でも、ボーカルの音量の細かいオートメーションを書くときや、複数トラックのバランスを取る際はフィジカル・コントローラーがあると非常に便利です。1フェーダー仕様のFaderPort(以下FP)はそんなニーズにマッチして小規模プロジェクト・スタジオの定番になり、発売から10年近くたった今でも現役で活用されているのを目にします。今回はそんな定番フィジコンの待望の8フェーダー・モデル、FaderPort 8(以下FP8)をチェックしてみたいと思います。

    田辺恵二 2017/05/31

  • 「REON Driftbox W/Driftbox C」製品レビュー:国内気鋭メーカーのアナログ・シンセ&オーディオ/CVミキサー

    「REON Driftbox W/Driftbox C」製品レビュー:国内気鋭メーカーのアナログ・シンセ&オーディオ/CVミキサー

    REON Driftbox W/Driftbox C

    今回紹介するのは、大阪を拠点に世界へ向けて独自のシンセを開発しているREONの2製品。1つはモノフォニックのアナログ・シンセDriftbox Wで、もう1つはオーディオ/CVミキサーのDriftbox Cだ。同社はモジュラー・シンセも手掛けており、このDriftboxシリーズにもその実験的な精神が感じられる。

    ナカヤマ・ノブヒコ 2017/05/30

  • 「YAMAHA VXS1ML / VXS3S」製品レビュー:BGM用に最適な広い指向特性を持ったコンパクト・スピーカー

    「YAMAHA VXS1ML / VXS3S」製品レビュー:BGM用に最適な広い指向特性を持ったコンパクト・スピーカー

    YAMAHA VXS1ML / VXS3S

    おしゃれなカフェや洋服屋などの店舗に行くと、騒々しくない心地良い音量でBGMなどが流れ、ゆっくりとした時間を過ごしていられるのは(この原稿もカフェで書いています)、しっかりと音響空間演出されたスペースだからなのではないでしょうか? 今回はその演出に使える新製品、YAMAHAのパッシブ・スピーカーVXS1MLとVXS3Sのチェックと、このスピーカーの筆者なりの使い方の提案をしてみたいと思います。

    玖島博喜(TEAM URI-Bo) 2017/05/29

Amazon.co.jpから購入定期購読(特典つき)

バックナンバー

TUNECORE JAPAN

@SounReco からのツイート