サンレコ特集の「極上マルチ素材」をDL公開!

京都精華大学ポピュラーカルチャー学部 音楽コース 連携企画 by 中村公輔 2016年8月24日

MIX_MAIN_IMAGE

サンレコ10月号(8月25日発売)の特集「曲のカラーを自在に操る! 実戦型ミックス・テクニック」では、エンジニアの中村公輔氏が極上のマルチトラック素材を使い、独自の音作りを披露&解説しています。素材は京都精華大学ポピュラーカルチャー学部 音楽コースのMagi Sound Studioにてレコーディングされ、演奏は屋敷豪太(ds、prog)、高野寛(vo、cho、g、ac.g)、佐藤元彦(b)といった著名ミュージシャンによるもの。ここでは中村氏によるミックスを試聴できる上、素材のダウンロードが可能なので、誌面と併せてお楽しみください。また、このWebページの最後には素敵なお知らせもあります! 最後までお付き合いください。

中村氏のミックス

「月が照らす道/The Way The Moon Shines」(ロック・ミックスVer.)

「月が照らす道/The Way The Moon Shines」(ポップ・ミックスVer.)

 

マルチトラック素材(24ビット/48kHz、楽曲のテンポ=91BPM)

16trから成る“メイン・ファイル”とアディショナル素材を収めた“追加ファイル”の2種類を用意していますが、それぞれ容量が大きいので分割しております。

※パソコンでのダウンロードを推奨いたします。

メイン・ファイル_1(zipファイル/393.4MB)

メイン・ファイル_2(zipファイル/306MB)

追加ファイル_1(zipファイル/543.9MB)

追加ファイル_2(zipファイル/335.3MB)

 

楽曲の歌詞

「月が照らす道/The Way The Moon Shines」
作詞:高野寛 作曲:屋敷豪太、高野寛

五月雨は止まず 届かない
きみの心 隠したまま
戻らないあの日を 悔やんでた
きみの事を 見守っていたいんだ

岬まで55キロ 続くハイウェイ
雨上がり 虹を抜けて 夜を越えようよ

黄昏の浜辺に沈む夢よ
止まらない涙も連れていってよ

時代(とき)はただ 僕らを置き去りに
変わるだろう 生き急ぐみたいに
いつまでも いつまでも
輝けるものだけを 信じ続けたいんだ

闇を裂き 空を破り 吠える雷鳴
雲の上まで届くような 歌を歌おう

遠い街に一人 眠る夜も
月が照らす道は きみの元へ
黄昏の浜辺に沈む夢よ
止まらない涙さえも連れていってよ

 

中村氏がミックスに用いたツール

◎DAWシステム
AVID Pro Tools HD 12(DAWソフト)
AVID HD I/O(オーディオI/O)

ロック・ミックス
◎プラグイン・エフェクト(※誌面に登場した順で記載しております)
SONNOX Oxford Reverb(リバーブ)
WAVES Redd.37-51(プリアンプ・モデリング/EQ)
WAVES NLS Channel(プリアンプ・モデリング)
WAVES Scheps 73(プリアンプ・モデリング/EQ)
WAVES CLA-2A(コンプレッサー)
WAVES CLA-76(コンプレッサー)
WAVES PuigChild Compressor(コンプレッサー)
WAVES J37(テープ・シミュレーター)

※以下、誌面では紹介し切れなかったプラグイン
WAVES Reel ADT(ダブラー/フランジャー/フェイザーなど):アコギやコーラスのステレオ感を広げるのに使用
SOUNDTOYS Decapitator(サチュレーター):スネアをひずませるのに使用
SOUNDTOYS Crystalizer(ディレイ/ピッチ・シフト):シタールの共鳴音を浮き上がらせるのに使用

◎ハードウェア・プロセッサー
YAMAHA SREV1(リバーブ)
SSL Master Bus Comp(コンプレッサー)
ADR F760X-RS(コンプレッサー)

ポップ・ミックス
◎プラグイン・エフェクト(※誌面に登場した順で記載しております)
WAVES C6(マルチバンド・コンプ)
WAVES Abbey Road Reverb Plate(リバーブ)
WAVES CLA-3A(コンプレッサー)
WAVES DBX160(コンプレッサー)
SONNOX Oxford SuprEsser(ディエッサー)
WAVES Center(M/Sプロセッサー)

※以下、誌面では紹介し切れなかったプラグイン
WAVES Doubler(ダブラー):アコギを広げるのに使用
WAVES SSL G-Master Buss Comp(コンプレッサー):各パートの余韻を短くするために使用
WAVES L1(リミッター):各パートの余韻を短くするために使用
AVID Green JRC Overdrive(オーバードライブ):スネアに使用し、音量を抑えつつよく聴こえるようにした

◎ハードウェア・プロセッサー
YAMAHA SREV1(リバーブ)
LEXICON 224X(リバーブ)

 

 読者ミックス・コンテスト開催!

サンレコ本誌でも案内した通り、ここでダウンロードしていただいたマルチトラック素材で読者向けのミックス・コンテストを開催します! 作品の応募は、AVID運営のクリエイター向けSNS=AVIDアーティスト・コミュニティから可能。このSNSへの登録方法は、本誌もしくはAVIDのWebサイトをご覧ください。

登録が済み、AVIDアーティスト・コミュニティにログインするとマイページが現れますので、画面右側からアクセスできるPortfolioコーナーでCollectionを作成し、Title欄にThe Way The Moon Shinesと書き込み、Tags欄からSR-MIX01を選んで、ミックスをアップしてください。締め切りは2016年9月30日(金)となります。

 

-1

中村公輔

中村公輔

エレクトロニカ・ユニットneinaの一員として、1999年にMille Plateauxよりアルバムを発表したほか、繭ではExtreme Recordsよりリリースし、海外を中心に高い評価を得る。現在はソロ・プロジェクトKangarooPawにて、アーティスト/エンジニアとして活動中。toeやMAS、Å、相対性理論と大谷能生などのエンジニアリングを手掛ける。



TUNECORE JAPAN