Science Of The Beat 第3回〜メジャー・レイザー

ビートの科学 by SUI 2013年2月15日

【サウンド&レコーディング・マガジン2012年3月号連動】
K-POPからエレクトロまで、幅広いジャンルのビート・メイク/アレンジについてレクチャーしていく「Science Of The Beat」。本記事では、サンレコ本誌に連動した音源を試聴できます。本誌とあわせてお楽しみください。

サウンド&レコーディング・マガジン2013年3月号
Science Of The Beat

メジャー・レイザー

IMG_0006.jpg

ディプロ(中央)を中心とするダンスホールをコンセプトにしたビート・コレクティブ。2009年リリースの1st『Guns Don’t Kill People, Lazers Do』は奇想天外なビートが話題を呼び、シングル「Pon De Floor」はフロア・アンセムとなる。2012年12月にはウォルシー・ファイアー(左)、ザ・ジリオネア(右)という新加入メンバー2人を引き連れて来日公演を敢行した。 Photo:Takayuki Mishima

 講師:SUI

image-thumb-150x150-59898

国内外を問わずヒップホップ/R&Bアーティストのセッションに参加。プロデューシング・エンジニアとして、トラック・メイクからボーカルのディレクション、ミックス・ダウンまで手腕を振るう。近年はMUROの全制作においてパートナーを務め、周辺アーティストとの親交も深い。またブログ“ROAD TO G.O.D. MUZIK”をはじめ、各種セミナーなどにおいて後進にも幅広く情報を提供している

 

 

 

 

TUNECORE JAPAN