Premium Studio Live ─ Vol.9 INO hidefumi + jan and naomi

サンレコ・レーベル by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2015年2月3日

ino_jan_naomi

ドリーミーな中にもアシッドなテイストを含んだサウンドをDSDフォーマットで一発録り&ハイレゾ配信!!

サウンド&レコーディング・マガジンが主催するPremium Studio Liveは、①ミュージシャン同士の共演機会を創出したい ②ライブという一回性が生み出す音楽の可能性を追求したい ③それを高音質で録音・配信したいというコンセプトのもとスタートした、ライブ・レコーディング・イベントです。2010年8月に「大友良英+高田漣」を一口坂スタジオで開催したのを皮切りに、「原田郁子+高木正勝」「大野由美子+zAk+飴屋法水」「マイア・バルー+アート・リンゼイ」「青葉市子+内橋和久 with 小山田圭吾」「Cojok+徳澤青弦カルテット」と回を重ね、現在のDSD/ハイレゾ配信ブームの大きなきっかけを作りました。2年半のブランクを経て2014年からセカンド・シーズンが始まり、Vol.7では「大野由美子+AZUMA HITOMI+Neat’s+Maika Leboutet」という女性4人によるシンセ・カルテットを収録。そして前ページでもレポートしたように2015年1月開催のVol.8では、ヒューマン・ビートボクサーAFRAとガムラン・ユニット“滞空時間”という組み合わせに、スペシャル・ゲストのKEN ISHIIを加え、時空を超えたサウンドをキャプチャーしました。

Vol.9となる今回はRHODESの名手として知られるINO hidefumiと、アシッド・フォーク・デュオ“jan and naomi”によるセッションをレコーディングします。いずれも美しいサウンドを奏でつつも、ただならぬ気配を漂わせるアーティストですが、その気配を生み出す繊細なタッチの細部までをTASCAMのDSDレコーダーDA-3000を使って録音していきます。

会場にはメジャー・アーティストに愛され続け、数多くの名盤を生み出しているクレッセント・スタジオを選びました。広大なレコーディング・スペースを生かし、素晴らしい演奏を美しい響きとともに収録します。その鍵を握るエンジニアには、prime sound studio formに所属の米津裕二郎氏を起用。1985年生まれという若さながら、相対性理論~やくしまるえつこから数多くのメジャー・アーティストまで幅広い作品を手掛け、これからの時代を担う存在として知られています。

素晴らしいアーティストのパフォーマンスと匠の録音テクニック、そして現場の緊張感を味わうことのできるこのイベント。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

Sound & Recording Magazine presents
Premium Studio Live Vol.9

Premium Studio Live Vol.9 のチケットを購入する(Peatixのサイトへ移動します)

  • 開催日時
    2015年2月24日(火) 19:30スタート
  • 開催場所
    クレッセント・スタジオ
    東京都世田谷区砧6-9-3
    MAP: http://www.crescente.co.jp/access/
  • 出演
    INO hidefumi + jan and naomi
  • 入場料
    5,000円(定員50名)  *当日の演奏を録音した、演奏者の直筆サイン入りCD-R付き。

 

INO hidefumi

エレクトリック・ピアノの名器=RHODESの名手として知られるキーボーディスト/シンガー・ソングライター。2004年に“1レーベル・1アーティスト”をコンセプトにした音楽レーベルinnocent recordを設立し、2006年にリリースした自身の1stアルバム『Satisfaction』が世界中で大評判となる。藤原ヒロシとのユニットや小泉今日子のアルバムに参加してきたほか、近年はTOWA TEIが主宰するMACHレーベルからの音源リリースや鈴木茂との共演を行うなど、活動の枠をさらに広げている。

http://www.innocentrecord.net/

 

jan and naomi

GREAT3のベーシストでもあるjanがnaomiと2012年末から開始しているオルタナティブ・フォーク・デュオ。2014年2月にプロデューサーにDr.Strangeloveの長田進、エンジニアに清水”Shimmy”ひろたかを迎えた7インチ・シングル『A Portrait of the Artis as a Young Man/time』をリリース。DJ Peacokに“シド・バレットがイルカに乗ってヴィンセント・ギャロを訪ねた際に生まれた音のよう”と評されるなど、各方面より絶賛される。続く10月には5曲入りEP『jan, naomi are』も発売している。

http://janandnaomi.web.fc2.com

 

  • 配信スケジュール
    2015年3月13日からe-onkyo / OTOTOYにて販売予定
  • 協賛
    tascam_teac [更新済み]

 

TUNECORE JAPAN