ライブ・スペース訪問 第277回 渋谷クラブクアトロ

ライブ・スペース訪問 by 編集部(撮影:北村勇祐) 2016年12月6日

メイン

渋谷クラブクアトロは1988年のオープン以降、大物アーティストから若手バンド、DJ、アイドルに至るまで出演し、現在も音楽シーンを盛り上げ続けている老舗のライブ・ハウスだ。今回、メイン卓とモニター卓にSOUNDCRAFT VIシリーズを導入したということで、新しくなった音響面に迫ってみよう。

渋谷センター街にある渋谷クラブクアトロは若手アーティストの登竜門であり、また“渋谷系”という言葉を広めたことでも知られるなど、日本の音楽界に多くの影響を与えてきた。今回新しくなったコンソールについてエンジニアリングを担当するKOXラジオの大山正明氏と関宗太郎氏に話を聞いた。

「全国で4カ所あるクラブクアトロの機材はもともとバラバラでしたが、同じクラブクアトロとして機材をそろえたいという理由から徐々に入れ替えを始めまして、梅田クラブクアトロにSOUNDCRAFT VI6とVI4を導入し、それに合わせて名古屋クラブクアトロにはVI7000とVI5000を入れました。その流れに伴って今年8月に渋谷もメイン卓とモニター卓をVI7000とVI5000にリプレイスしています。広島はまだですが、東名阪の3店舗でSOUNDCRAFTの卓を使えるので、乗り込みのエンジニアの方がツアーを回る中で操作を覚えられるのが良いですよね」と導入経緯を大山氏が語ってくれた。音の印象と操作性についてこう続ける。

「前のアナログ卓からデジタル卓に変わって音のスピード感が上がりました。立ち上がりは良いし、クリアなサウンドが狙えますね。VIシリーズはコントロールが少ないデジタル卓と比べてアナログの操作感覚に近く、両手を使って違うチャンネルをいじれるのがうれしいです」

同じく卓の印象について関氏は「フェーダー数が多いので、ページを切り替えていったときに“あれ、どれだっけ”と分からなくなることが防げます。APPLE iPadの専用アプリでリモート・コントロールもできるので、ステージと卓を行き来せずに素早く操作できて楽ですね」と話してくれた。

渋谷クラブクアトロは訪れる人たちに満足してもらえるようにと、機材面にもこだわって、年月を重ね進化してきた。また一つ新しくなったクラブクアトロの音を確かめに、ぜひ足を運んでもらいたい。

 

▲今回新しく導入されたメイン卓のSOUNDCRAFT VI7000。タッチスクリーン上に付いているエンコーダーは表示される画面によって機能が切り替わるようになっており、直感的に操作できるのが特徴だ

▲今回新しく導入されたメイン卓のSOUNDCRAFT VI7000。タッチスクリーン上に付いているエンコーダーは表示される画面によって機能が切り替わるようになっており、直感的に操作できるのが特徴だ

▲モニター卓に採用されたSOUNDCRAFT VI5000。関氏はAPPLE iPadによるリモート・コントロールでモニターの調整を行うそうだ

▲モニター卓に採用されたSOUNDCRAFT VI5000。関氏はAPPLE iPadによるリモート・コントロールでモニターの調整を行うそうだ

◀メイン卓の横に置かれたラック。上からXTA DP544、TC ELECT RONIC D・Two、YAMAHA SPX2 000、SPX990、LEXICON PCM 91、KLARK TE KNIK DN370、S MART RESEAR CH C2

▲メイン卓の横に置かれたラック。上からXTA DP544、TC ELECTRONIC D・Two、YAMAHA SPX2000、SPX990、LEXICON PCM 91、KLARK TEKNIK DN370、SMART RESEARCH C2

▲メイン・スピーカーはL-ACOUSTIC ARCS +SB218

▲メイン・スピーカーはL-ACOUSTIC ARCS +SB218

▲左から代表の井上剛氏、エンジニアの大山正明氏、関宗太郎氏

▲左から代表の井上剛氏、エンジニアの大山正明氏、関宗太郎氏

 

EQUIPMENT LIST

■MAIN CONSOLE:SOUNDCRAFT VI7000
■MAIN SPEAKER:L-ACOUSTIC ARCS、SB218
■MONITOR CONSOLE:SOUNDCRAFT VI5000
■MONITOR SPEAKER:DYNACORD Madras M 212、etc.
■MICROPHONE:AKG C480、SHURE Beta 58A、Beta 57A、SM57、SM58、etc.

 

渋谷クラブクアトロ

QUATTROロゴ(白抜き)

〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町 32-13-4・5F

スクリーンショット-2016-12-05-18.13.57

 

Tel:03-3477-8750
Web:http://www.club-quattro.com/shibuya/

 

※サウンド&レコーディング・マガジン2017年1月号より転載

TUNECORE JAPAN