Cross Talk Vol.77「KORG GadgetはiPad用音楽制作アプリの決定打か?」音源試聴

Cross Talk by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2014年4月15日

ct_jkt

有名メーカーのオーディオ・インターフェースが続々とAPPLE iPad 対応を果たし、AudiobusやVirtual MIDIなどアプリ間の信号をやり取りするアプリ/規格が続々と発表されるなど、iPadアプリを活用した音楽制作環境はここにきて急速に整いつつあります。そうした状況の変化に敏感な一部のミュージシャンは、アプリを音楽制作にうまく取り入れ始めています。そんな中リリースされたKORG Gadgetは、“ガジェット”と呼ばれる15種類のソフト音源をタッチ・スクリーンでコントロールできるキーボード/シーケンサーと組み合わせ、曲構成作りからミキシングまでを1アプリで完結。iPadの手軽さを最大限生かした、ある意味で“音楽制作アプリの決定打”とも言える完成度となっています。今回、編集部はそのGadgetの実力を計るべく、既にアプリを制作に実戦投入している渡部高士とタイチ・マスターの2人にGadgetのみを使った楽曲の制作を依頼。その音源を当ページにて公開します。

渡辺高士 – 2ミックス

渡辺高士 – ドラム(London)

渡辺高士 – ストリングス(Marseille)

 

タイチ・マスター – 2ミックス

タイチ・マスター – キック・ベース(Tokyo)

タイチ・マスター – アルペジオ(Helsinki)

タイチ・マスター – リード(Brussels)

タイチ・マスター – SE(Amsterdam)

タイチ・マスター – 声ネタ(London)

タイチ・マスター – バッキング(Amsterdam)

TUNECORE JAPAN