誌面連動

クリエイターが使うPro Tools

  • MIDOが使う「Pro Tools」第3回

    MIDOが使う「Pro Tools」第3回

    打ち込みからミックスまでをシームレスに行う制作術  こんにちは、MIDOです。AVID Pro Toolsでのビート・メイク解説も第3回となりました。今回も、ちょっとしたテクニックを織り交ぜながら解説しますので使えるネタ ……

    MIDO 2019/03/25

  • MIDOが使う「Pro Tools」第2回

    MIDOが使う「Pro Tools」第2回

    打ち込んだドラムをパーツごとに分割してオーディオ化  こんにちは、MIDOです。前回に続き、AVID Pro Toolsでのビート・メイクについて解説していきます。今回は、打ち込んだドラムのパラ出しについて。前回、上ネタ ……

    MIDO 2019/02/25

  • MIDOが使う「Pro Tools」第1回

    MIDOが使う「Pro Tools」第1回

    Pro Toolsでビート・メイク〜打ち込みをジャストなタイミングに  MIDO(ミド)と申します。これから数回に分けて、普段のトラック・メイクの方法について解説したいと思います。私はサンプリングより、MIDI打ち込みで ……

    MIDO 2019/01/25

  • DJ WATARAIが使う「Pro Tools」第3回

    DJ WATARAIが使う「Pro Tools」第3回

    Pro Toolsでリミックス〜Jポップをニュー・ジャック・スウィングに  今月で僕の連載も最終回です。過去2回は、サンプルと打ち込みという違いはありましたが、大きなくくりで見ればループを中心にした考え方でのトラック制作 ……

    DJ WATARAI 2018/12/25

  • DJ WATARAIが使う「Pro Tools」第2回

    DJ WATARAIが使う「Pro Tools」第2回

    打ち込み×ソフト音源を中心に組むPro Toolsでのトラップ系トラック  前回はサンプルを元にした、オーセンティックとも言えるヒップホップ・トラック制作の手順を紹介しました。とはいえ、仕事となるとそうしたスタイルの楽曲 ……

    DJ WATARAI 2018/11/26

  • DJ WATARAIが使う「Pro Tools」第1回

    DJ WATARAIが使う「Pro Tools」第1回

    サンプルを軸にトラックを構築 オーソドックスなヒップホップ制作法  今月からAVID Pro Toolsの連載を担当するDJ WATARAIです。僕は昔からPro Toolsをトラック制作に使ってきましたが、ある時期まで ……

    DJ WATARAI 2018/10/25

  • 吉田ヨウヘイが使う「Pro Tools」第3回

    吉田ヨウヘイが使う「Pro Tools」第3回

    ダビングと編集は自宅で! スタジオ録音との使い分け方  こんにちは、吉田ヨウヘイgroupというバンドをやっている吉田ヨウヘイです。この連載では僕らがAVID Pro Toolsをどのように使っているかを、昨年11月にリ ……

    吉田ヨウヘイ 2018/09/24

  • 吉田ヨウヘイが使う「Pro Tools」第2回

    吉田ヨウヘイが使う「Pro Tools」第2回

    メンバーと共有するデモをどこまで作り込むか  こんにちは、吉田ヨウヘイです。この連載では僕ら吉田ヨウヘイgroupがAVID Pro Toolsをどのように使っているかを、昨年11月にリリースしたアルバム『ar』の製作を ……

    吉田ヨウヘイ 2018/08/28

  • 吉田ヨウヘイが使う「Pro Tools」第1回

    吉田ヨウヘイが使う「Pro Tools」第1回

    Pro Tools上での打ち込み+αで作る バンド録音用デモ  初めまして、吉田ヨウヘイgroupというバンドをやっている吉田ヨウヘイです。この連載では僕らがAVID Pro Toolsをどのように使っているかを、昨年1 ……

    吉田ヨウヘイ 2018/07/25

  • 飛澤正人が使う「Pro Tools」第3回

    飛澤正人が使う「Pro Tools」第3回

    Dolby Atmosでオブジェクティブ・オーディオの世界へ  VRミックスは、音作りを楽しくしてくれます。通常のL/Rでは表現しきれなかった空間定位、奥行き、Ambisonicsで回したときに見えてくる180度相対する ……

    飛澤正人 2018/06/25

TUNECORE JAPAN