誌面連動

  • C-Showが使う「FL Studio」第4回

    C-Showが使う「FL Studio」第4回

    ダンス・ミュージックの曲展開は どのようにして作るのか? こんにちは、トラック・メイカーのC-Show(シショウ)です。僕の連載は今回で最終回! 締めの話題は“楽曲展開の作り方”です。僕の楽曲「Rock the Floo ……

    C-Show 2017/05/26

  • 私が使うSOFTUBEプラグイン 第3回 山内”Dr.”隆義

    私が使うSOFTUBEプラグイン 第3回 山内”Dr.”隆義

    エンジニア/クリエイターが、お気に入りのSOFTUBEプラグインを紹介する本連載。3回目は山内隆義氏が登場。ベテランからバンド、劇伴まで、さまざまなレコーディング〜ミックスを手掛ける山内氏が使うお気に入りのSOFTUBEプラグインは、どのような役割を果たしているのか?

    山内"Dr."隆義 2017/05/25

  • 宇佐美秀文が使う Studio One 第1回

    宇佐美秀文が使う Studio One 第1回

     第1回 ライブのマニピュレーターとして Studio Oneを活用する  皆さん初めまして! 今月からこのページを担当することになりました宇佐美です。マニピュレーターとしてのライブ・サポートのほか、楽曲制作にもStud ……

    宇佐美秀文 2017/05/25

  • AJURIKAがFL Studioでの楽曲制作をレクチャー!【その②】

    AJURIKAがFL Studioでの楽曲制作をレクチャー!【その②】

    サンレコ2017年6月号から始まった作曲家=AJURIKA氏によるIMAGE-LINE FL Studio連載。この連載では、氏がデモ音源を作り、その制作工程を解説。最終的にはボーカル入りのダンス・ミュージックになる予定 ……

    AJURIKA 2017/05/25

  • 気鋭クリエイターが語る!とっておきのプラグイン・テクニック〜第1回:杉山圭一

    気鋭クリエイターが語る!とっておきのプラグイン・テクニック〜第1回:杉山圭一

    この連載は、さまざまなジャンルのクリエイターにプラグインを使った音作りのノウハウを語っていただくものである。今月登場するクリエイターは杉山圭一。もともとSEGAでシューティング・ゲーム『Rez』などのサウンド制作を手掛けつつ、ケラ&ザ・シンセサイザーズのキーボーディストとしても活躍。現在は音楽制作会社スタジオカリーブを主宰しつつ作/編曲もこなし、自らミックスを行う機会も増えている。彼にお気に入りのプラグインと、それを使った音作りについて語ってもらおう。

    杉山圭一 撮影:小原啓樹 2017/05/25

  • 【音響設備ファイル Vol.21】ナガシマスパーランド

    【音響設備ファイル Vol.21】ナガシマスパーランド

    JR名古屋駅から車を走らせること約30分、三重県桑名市に位置するアミューズメント・パーク=ナガシマスパーランド。2014年には開業50周年を迎えたが進化は止まらず、“4Dスピン・コースター 嵐”(上の写真)などの新しいアトラクションも展開中だ。本稿では、現在改修の進むナガシマスパーランドの音響設備を中心にレポートしよう。

    Text:Tsuji. Taichi/Photo:Noriaki Yasuda 2017/05/25

  • C-Showが使う「FL Studio」第3回

    C-Showが使う「FL Studio」第3回

    リズム隊をレベル・アップさせる 細やかな工夫の数々 こんにちは、トラック・メイカーのC-Show(シショウ)です。今回は、僕が普段FL Studio上で実践しているリズム隊のサウンド・メイクにフォーカス。4つ打ちのハウス ……

    C-Show 2017/05/19

  • C-Showが使う「FL Studio」第2回

    C-Showが使う「FL Studio」第2回

    ボコーダーやマキシマイザーなど トラック制作に“効く”プラグイン C-Show(シショウ)です。今回は僕がトラック制作で愛用しているプラグインをご紹介。いずれもFL Studio 12 Signature Bundle( ……

    C-Show 2017/05/12

  • 「坂本龍一|設置音楽コンテスト」応募受付中!

    「坂本龍一|設置音楽コンテスト」応募受付中!

    『async』とともに聴かれるべきマルチチャンネル作品を募集 (English below) サウンド&レコーディング・マガジン5月号と6月号で、8年ぶりの新作『async』について語ってくれた坂本龍一。その音響をサラウ ……

    サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2017/05/09

  • C-Showが使う「FL Studio」第1回

    C-Showが使う「FL Studio」第1回

    音色の“レイヤー”で作り込む ドラムンベースのリズム・トラック 初めまして、C-Show(シショウ)と申します。僕は普段、IMAGE-LINE FL Studioを使って主にクラブ・ミュージックを制作しています。今回は、 ……

    C-Show 2017/05/05

TUNECORE JAPAN