製品レビュー

  • 「DPA MICROPHONES D:vice」製品レビュー:モバイルでのマイク収録に便利な小型オーディオ・インターフェース

    「DPA MICROPHONES D:vice」製品レビュー:モバイルでのマイク収録に便利な小型オーディオ・インターフェース

    クラシカルなアコースティック楽器の録音や、コンサートの現場ではDPA MICROPHONES(以下、DPA)のマイクを見かけないときは無いでしょう。僕にとってもプロ中のプロが使うマイク・メーカーといった印象ですが、このたび、なんとオーディオ・インターフェースD:viceが同社から発売されました。

    Nagie(ANANT-GARDE EYES/aikamamachi+nagie) 2017/10/10

  • 「SE ELECTRONICS SE8」製品レビュー:SN比に優れた小口径ペンシル型単一指向性コンデンサー・マイク

    「SE ELECTRONICS SE8」製品レビュー:SN比に優れた小口径ペンシル型単一指向性コンデンサー・マイク

    ここ最近グランド・ピアノをレコーディングすることが多かった私に、“生楽器、特にピアノで試してみてください”と、SE ELECTRONICSのスモール・ダイアフラム・コンデンサー・マイク、SE8がやってきました。

    森田秀一(ReBorn Wood) 2017/10/06

  • 「TK AUDIO SP501」製品レビュー:さまざまな回路の切り替えで音作りできるAPI 500互換マイクプリ

    「TK AUDIO SP501」製品レビュー:さまざまな回路の切り替えで音作りできるAPI 500互換マイクプリ

    API 500互換モジュールは、コンパクトなサイズでさまざなメーカー/種類の機器を使うことができ、大変便利です。ただ、小さいので1モジュール内の機能は限られているものがほとんど。しかし、今回紹介するマイクプリのTK AUDIO SP501は、使い方次第でさまざまな顔に変わる機能が満載となっています。さて、筆者にはどんな顔を見せてくれるのでしょうか。

    中村文俊(オフィスインビレッジ) 2017/10/05

  • 「ACCUSONUS Regroover Pro」製品レビュー:2ミックスのドラム・サウンドを分離して再構築できるプラグイン

    「ACCUSONUS Regroover Pro」製品レビュー:2ミックスのドラム・サウンドを分離して再構築できるプラグイン

    ブレイクビーツをキックやスネアなどの単体ごとに切り分け、元の素材の質感を生かしつつ打ち込み直し新たなパターンを作ったり、異なったBPMに当てはめることは、ヒップホップ創世記からずーっと僕らがやり続けてきた行為No.1。後に神かと仰いだPROPELLERHEAD ReCycle!時代や、アーメン・ブレイクから生まれたDE-FORCE The Amen(Windowsのみ)を活用した時代もありましたが、今や各社DAWでも同様のスライス可能な編集機能が付属している時代です。そんな今デビューするブレイクビーツを操るソフトって一体? 早速チェックしてみます。

    Watusi(COLDFEET) 2017/10/04

  • 「WAVES Brauer Motion」製品レビュー:多彩なモジュレーションを生成可能なステレオ・オート・パンナー

    「WAVES Brauer Motion」製品レビュー:多彩なモジュレーションを生成可能なステレオ・オート・パンナー

    今回はコールドプレイやジョン・メイヤーをはじめ、数々のヒット作品を手掛け、グラミーを受賞したエンジニア、マイケル・ブラウアーがプロデュースするプラグインBrauer Motionを紹介します。Mac/Windowsで動作し、AU、VST、AAX NativeのほかスタンドアローンやSoundGridなどでも使用可能です。

    Mine-Chang 2017/10/03

  • 「IK MULTIMEDIA Syntronik」製品レビュー:数々のシンセ/ストリング・マシンのサウンドを収録したソフト音源

    「IK MULTIMEDIA Syntronik」製品レビュー:数々のシンセ/ストリング・マシンのサウンドを収録したソフト音源

    2017年後半にリリースされるソフト音源の中で間違いなく注目されているのが、このシンセ/ストリング・マシン音源、Syntronikではないでしょうか。同社のモデリング・ベース音源、Modo Bassが高いポテンシャルを持っていたので、サンプリングとモデリングを組み合わせたハイブリット音源であるこの製品にもかなり期待していました。早速チェックしていきましょう。なお、SyntronikはMac/Windowsに対応し、AAX/AU/VSTのほか、スタンドアローンでも動作します。

    山中剛 2017/10/02

  • 「MACKIE. Big Knob Studio」製品レビュー:マイクプリとUSBオーディオI/Oを搭載したモニター・コントローラー

    「MACKIE. Big Knob Studio」製品レビュー:マイクプリとUSBオーディオI/Oを搭載したモニター・コントローラー

    モニター・コントローラーの人気機種、MACKIE. Big Knobが、このたびラインナップを刷新。先月号で取り上げられていたパッシブ・モデルのBig Knob Passive、アクティブ・モデルのBig Knob Studioとその上位機種Big Knob Studio+の計3機種が発表されました。今回はミッドレンジのBig Knob Studioをレビューします。オリジナルのBig Knobと比べると、別物レベルでスペックが進化しているので楽しみです!

    中村公輔(Kangaroo Paw) 2017/09/29

  • 「SOFTUBE Console 1」製品レビュー:UADにも対応したチャンネル・ストリップ・プラグイン・コントローラー

    「SOFTUBE Console 1」製品レビュー:UADにも対応したチャンネル・ストリップ・プラグイン・コントローラー

    今回はSOFTUBE Console1を紹介したいと思います。既に発売されてからはある程度時間が経過していますから、知っている方や使っている方も多いかもしれません。僕もConsole 1発売当初から興味はあったのですが、MKIIになりできることが増え、価格が下がったのがきっかけで、先日購入したところです。

    渡辺修一 2017/09/28

  • 「STEINBERG Nuendo 8」製品レビュー:ポストプロダクションに特化したプロ・スペックCPUネイティブDAW

    「STEINBERG Nuendo 8」製品レビュー:ポストプロダクションに特化したプロ・スペックCPUネイティブDAW

    筆者は、主にゲーム・サウンドのオーディオ・ディレクター/サウンド・デザイナーをしています。今回は、先日リリースされたSTEINBERG Nuendo 8で実装された新機能と、ゲーム・サウンド制作の現場から見た運用などを紹介していきます。

    北村一樹(コネクテコ) 2017/09/27

  • 「ROLAND SE-02」製品レビュー:STUDIO ELECTRONICSと共同開発したアナログ・モノシンセ

    「ROLAND SE-02」製品レビュー:STUDIO ELECTRONICSと共同開発したアナログ・モノシンセ

    ROLAND Boutique Designer Seriesのラインナップとして新たにリリースされたアナログ・モノフォニック・シンセ、SE-02を紹介しよう。Boutique Seriesといえば、ROLAND歴代のシンセを驚くほどコンパクトなスタイルに再現して一世を風靡(ふうび)したことが記憶に新しい。そして今回登場のSE-02だ。資料によればSTUDIO ELECTRONICSとのコラボによるものだという。シンセ・マニアとしては、SE-02とはSTUDIO ELECTRONICS SE-1の血統を受け継ぐものでは?と期待が高まる。 前置きが長くなった。簡潔に言えば今回のBoutique Seriesは、長きにわたりMOOG Minimoogのクローン技術を蓄積してきた米国アナログ老舗メーカーSTUDIO ELECTRONICSと、世界のシンセ・ブランドROLANDがタッグを組んでリリースした進化系Minimoogクローンである。従来のBoutique Seriesと共通化したことにより、別売りの専用キーボード・ユニットK-25Mや、専用ドックDK-01も利用可能となっている。

    ナカヤマ・ノブヒコ 2017/09/26

TUNECORE JAPAN