浜崎容子(アーバンギャルド) × Kiwi

BLUE MICROPHONES Impression by 浜崎容子 撮影:Chika Suzuki 2018年10月24日

_12A0903

高域の抜けも芯の部分も収めるので
“意志のある歌声”が得られるんです

BLUE MICROPHONESの製品を、第一線の女性アーティストにレビューしていただく連載。今月は、ユニークなテクノポップ・サウンドで知られるアーバンギャルドのボーカリスト=浜崎容子さんの登場です。高品位なコンデンサー・マイクKiwiのインプレッションを語ってもらいましょう。

浜崎容子(トップ写真)
<Profile>“トラウマテクノポップバンド”を掲げるアーバンギャルドのボーカル。10代のころにシャンソン歌手として活動を開始し、アーバンギャルド加入後も“ショートケーキの歌声”と称される声でファンを魅了。自らDAWでの作編曲も手掛けソロ・ワークにも注力している。

 

録り音の質が高いから後で加工しなくていい

故・佐久間正英さんにアーバンギャルドをプロデュースしていただいたとき、歌録りに使わせてもらったのがKiwiでした。録ったのは「都会のアリス」という曲で、周りの人たちから“ボーカルの音がすごく良い。ライブを聴いているようだね”と好評だったんです。そして今、ソロ作を角松敏生さんにプロデュースしてもらっているんですが、幾つかの曲の歌入れに採用されたのがKiwiで。佐久間さん、角松さんと来れば、一流の方が選ぶマイクであることは間違いありませんよね

アーバンギャルドも新作の制作中で、先日、ある曲のコーラスを自宅で録ることにしたんです。そのタイミングで偶然、サンレコ編集部からオファーをいただき、手元に届いたのが何とKiwiでした。ギャッ!と思って大興奮で、ちゅうちょ無く本番テイクで使わせていただきましたね(笑)。

あらためて感じたのは、“録り音の質が高いから後でいじらなくてもいい”ということ。高域の抜けがしっかりとしていて、なおかつ声の芯やふくよかさが損なわれることなくキャプチャーされます。まさに“意志のある声”といった感じで、先輩のミュージシャンやエンジニアの方がおっしゃる“録り音がすべて”という言葉の意味が本当によく分かりました。

Kiwiがあれば、自宅でも商業スタジオに引けを取らない声が得られると思います。また、こうしたハイグレードな機材を使うと、音の良さから新しい発想をもらえるのも事実。録音中はヒートアップし、予定に無かったパートまで録りました(笑)。心底感動したので、いずれは買おうと思っています。

 

▲Kiwi(229,800円)はBLUE MICROPHONESソリッドステート・マイクの最上位機。高級感あふれる木製ケース(写真右)を同梱しています。ケースの中は青いベルベットで、そこにKiwiを収めるとまるで宝物ですよ!

▲Kiwi(229,800円)はBLUE MICROPHONESソリッドステート・マイクの最上位機。高級感あふれる木製ケース(写真右)を同梱しています。ケースの中は青いベルベットで、そこにKiwiを収めるとまるで宝物ですよ!

 

▲自宅でのコーラス録りのセッティング。録り音は上々で、自分の声の良い部分を引き出してくれる感じ。“宅録では限界があるよな……”という思い込みが払拭されました。やっぱり良い機材を使った方がいいなと、あらためて痛感した次第です

▲自宅でのコーラス録りのセッティング。録り音は上々で、自分の声の良い部分を引き出してくれる感じ。“宅録では限界があるよな……”という思い込みが払拭されました。やっぱり良い機材を使った方がいいなと、あらためて痛感した次第です

 

【製品サイト】
Kiwi

 

 

TUNECORE JAPAN