プロのエンジニアがスピーカー&ヘッドフォンをチェック!

特集 by 飛澤正人 2015年1月20日

見極めの難しいモニター・スピーカーとモニター・ヘッドフォンをプロのエンジニアにレビューしてもらいました。購入の参考にしていただければ幸いです!

Review by 飛澤正人

Tobisawa

<Profile>KRS やペニンシュラを経て、フリーランスのレコーディング・エンジニアに。Dragon AshやSCANDAL、鬼束ちひろ、THE野党などの作品で手腕を奮うとともに、リミキサー/アレンジャーとしても活動。現在は寂恋名義でのクリエイ ター活動も展開している

 

【製品カテゴリー】

下記ページ内リンクで、探したいカテゴリーの最初の製品へ飛ぶことができます。
パワード・スピーカー
モニター・ヘッドフォン

 

【パワード・スピーカー】

FOCAL Alpha 50

価格:33,148円/1本
問合せ:メディア・インテグレーション
電話:03-3477-1493
URL:http://www.minet.jp/

123FOCAL_Alpha50

<SPEC>タイプ:2ウェイ・バイアンプ、LF:130mm径/35W、HF:25mm径/20W、入力端子:XLR、RCA、外形寸法:220(W)×313(H)×258(D)mm、重量(1本):7.3kg

全 体的には上品な仕上がりで、奥行き感、表現力ともに抜群に良いです。このサイズとは思えない程、中低域に量感があるので、スピーカー背面にあるルーム・ア コースティック機能のLF/HFシェルビングで、ハイを足してみたのですが、自然な高域の付け足し具合で、痛さも一切無かったです。抑揚感や定位感も素晴 らしく、オール・ジャンルのミキシングに対応します。あえて言うならアコースティックな音を扱う人に、特にオススメしたいモデルですね。

 

GENELEC M030

価格:オープン・プライス
問合せ:オタリテック
電話:03-6457-6021
URL:http://www.otaritec.co.jp/

124GENELEC_M030

<SPEC>タイプ:2ウェイ・バイアンプ、LF:127mm径/50W、HF:19mm径/30W、入力端子:XLR、TRS、RCA、外形寸法:190(W)×273(H)×190(D)mm、重量(1本):4.6kg

低 域から高域までウィーク・ポイントがまったくなく、音の粒立ち、スピード感、アタック感は抜群です。このサイズでもいわゆるGENELECらしさを失うこ となく、以前にテストしたときよりも全体のバランスが良くなった印象です。骨太なロックやEDM系の重低音もまとまりが良く、どのジャンルの音源を聴いて も、くっきりとした高級感のある音を響かせてくれます。低音がもっと欲しくなったら、ひと回り大きいM040をチョイスするといいでしょう。

 

JBL PROFESSIONAL LSR305

価格:29,000円/1本
問合せ:ヒビノ(株) ヒビノプロオーディオセールス Div.
電話:03-5783-3110
URL:http://www.hibino.co.jp/

124JBL_LSR305

<SPEC>タイプ:2ウェイ・バイアンプ、LF:127mm径/41W、HF:25mm径/41W、入力端子:XLR、TRS、外形寸法:187(W)×298(H)×242(D)mm、重量(1本):4.9kg

低 域ドライバー・サイズの違う2機種のうち今回はその小さい方(127mm径)のモデルをテストしました。この価格帯にしては驚くほどの表現力を持ってい て、中域から高域にかけてはとてもきれいに広がって聴こえます。フラットな状態では多少中域に寄っていますが、背面のLF TRIMを+2dBに設定すると低域が締まるので、ルーム・セッティング次第では高級機並の音が出せると思います。バランスや定位感もいいのでミックスに も使えるでしょう。

 

MACKIE. CR4

価格:31,000円/ペア
問合せ:音響特機 MACKIE ブランド・グループ
電話:03-3639-7800
URL:http://www.mackie.com/jp/

125MACKIE_CR4

タイプ:1ウェイ(50W)、LF:102mm径、HF:19mm径、入力端子:TRS、RCA、ステレオ・ミニ、外形寸法:156(W)×224(H)×185(D)mm、重量(2本):5.4kg

ス ピーカー前面にAUXインやヘッドフォン・アウトを備えた、リスニング向けのモデルです。音量を下げても低域があまり減らず、バランス良く音が鳴る印象で した。PCなどでの音楽鑑賞用に使うのも良いですが、ミックス時に音のまとまりを確認する、サブ・モニターとしても重宝できると思います。また、同等サイ ズのモニター・スピーカーよりも、こちらのほうが低域が出る印象なので、制作時に低域のチェック用スピーカーとしても威力を発揮すると思います。

 

MACKIE. MR5MK3

価格:30,000円/1本
問合せ:音響特機 MACKIE ブランド・グループ
電話:03-3639-7800
URL:http://www.mackie.com/jp/

125MACKIE_MR5MK3

<SPEC>タイプ:2ウェイ・バイアンプ、LF:133mm径/30W、HF:25.4mm径/20W、入力端子:XLR、TRS、RCA、外形寸法:197(W)×286(H)×276(D)mm、重量(1本):5.5kg

MR3 シリーズはウーファー・サイズの違う3機種がありますが、今回テストしたのは中でも小型で、5.25インチのモデルをテストしました。全帯域に大きな色づ けがなく素直な音がします。セッティング的にはスピーカーとリスニング・ポジションの距離を近め(70~80cmぐらい)にして、直接音をモニタリングす るようにすれば、とてもまとまったサウンドが得られます。音の立ち上がりが早く、中域が明瞭に見えるので、ポップやロック系の制作に向いていると思いま す。

 

PRESONUS Erisシリーズ

価格:オープン・プライス(MI7 STORE価格/E4.5:23,450円【ペア】、
E5:16,460円【1本】、E8:28,800円【1本】)
問合せ:エムアイセブンジャパン
URL:http://www.mi7.co.jp

eris_e8_front

▲E8

<SPEC(E8)>タイプ:2ウェイ・バイアンプ、LF:203mm径/75W、HF:31.7mm径/65W、入力端子:XLR、TRS、RCA、外形寸法:250(W)×384(H)×299(D)mm、重量(1本):10.07kg

Eris はウーファーのサイズと出力の違いで3つのモデルがあります。今回は最上位機種のE8をテストしましたが、上質なパッシブ・スピーカーのようにフラットな 特性でした。低域の出方も程良いのでセッティングもしやすく、バランス感も良いです。かつ音の定位感に優れているので、ミキシングに向いています。 Acoustic Tuning機能の効きも良いですが、スピーカー単体のバランスが良いので、まずはフラットな状態から調整するとよいでしょう。

 

PRESONUS Sceptreシリーズ

価格:オープン・プライス
(MI7 STORE価格/S6:75,000円、S8:87,400円)/1本
問合せ:エムアイセブンジャパン
URL:http://www.mi7.co.jp

sceptre_s6_front

▲S6

<SPEC(S6)>タイプ:2ウェイ・バイアンプ、LF:158mm径/90W、HF:25.4mm径/90W、入力端子:XLR、TRS、外形寸法:230(W)×335(H)×260(D)mm、重量(1本):8.53kg

音 の定位、バランス感に長けたスピーカーですね。中域に説得力があって、音楽的で聴きやすいです。全体的に勢いがあり、ロックバンド系の制作やミックスに最 適ですが、アコースティック楽器のエッジも綺麗に見えるので、ジャンルを問わず使えると思います。ルームに合わせた補正が可能な、DSPを搭載した Acoustic Space機能の効きも優秀でした。ここでテストしたS6に加えて、上位機種のS8もあるので、用途によってセレクトすると良いでしょう。

 

RCF Ayra 5

価格:31,500円/1本
問合せ:エレクトリ
電話:03-3530-6200
URL:http://www.electori.co.jp/

127RCF_Ayra5

<SPEC>タイプ:2ウェイ・バイアンプ、LF:133mm径/35W、HF:25.4mm径/20W、入力端子:XLR、TRS、RCA、外形寸法:186(W)×274(H)×266(D)mm、重量(1本):6.2kg

RCF Ayraシリーズは4つのモデルがありますが、このAyra 5は中位機種でコスト・パフォーマンスにも優れたモデルです。私自身、Ayra 6を愛用しているのですが、中域のアタック感や音の輪郭がはっきりしているところは同じ印象でした。ウーファー・サイズは5インチでありながらに、その大 きさに似合わないほど、重低音の再生能力も十分にあります。ロックなどのバンドものや、ダンス・ミュージックなどで説得力のある音が出せると思います。

 

YAMAHA HS5

価格:オープン・プライス(市場実勢価格/15,000円前後)/1本
問合せ:ヤマハ プロオーディオインフォメーションセンター
電話:0570-050-808
URL:http://www.yamahaproaudio.com/japan/

127YAMAHA_HS5

<SPEC>タイプ:2ウェイ・バイアンプ、LF:127mm径/45W、HF:25.4mm径/25W、入力端子:XLR、TRS、外形寸法:170(W)×285(H)×222(D)mm、重量(1本):5.3kg

基 本的に偏りの少ない素直な特性ですが、多少中域に特徴があるので、元気のある音がします。さまざまなジャンルの音楽でテストしましたが、そのいずれにおい ても遜色も無く、幅広く使えるポテンシャルを持っていると思います。なお、スピーカーをセッティングする際は、壁から多少離しながらも、1m以内くらいの リスニング・ポジションで聴くと、非常に良い鳴りが得られました。コスト・パフォーマンスにも長けた優秀なモデルですね。

 

YAMAHA HS7

価格:オープン・プライス(市場実勢価格/25,000円前後)/1本
問合せ:ヤマハ プロオーディオインフォメーションセンター
電話:0570-050-808
URL:http://www.yamahaproaudio.com/japan/

128YAMAHA_HS7

<SPEC>タイプ:2ウェイ・バイアンプ、LF:165mm径/60W、HF:25.4mm径/35W、入力端子:XLR、TRS、外形寸法:210(W)×332(H)×284(D)mm、重量(1本):8.2kg

音 の傾向はHS5とほとんど同じですが、こちらは6.5インチ・ウーファーを搭載し、出力も上がっているので低域の量感はもちろん、臨場感、さらには大音量 で鳴らしても余裕が増した印象を受けました。HS5にも搭載されている、筐体背面に設置されたルーム・コントロール・スイッチとハイ・トリムの効きはかな り良いです。もしスピーカーを壁に近い位置に設置せざるを得ない場合でも、これらの機能をうまく使えば、良いリスニング環境を構築できるでしょう。

 

YAMAHA HS8+HS8S

価格:オープン・プライス(市場実勢価格/HS8:40,000円前後、
HS8S:50,000円前後)/1本
問合せ:ヤマハ プロオーディオインフォメーションセンター
電話:0570-050-808
URL:http://www.yamahaproaudio.com/japan/

128YAMAHA_HS8

▲HS8

128YAMAHA_HS8S

▲HS8S

<SPEC(HS8)>タイプ:2ウェイ・バイアンプ、LF:200mm径/75W、HF:25.4mm径/45W、入力端子:XLR、TRS、外形寸法:250(W)×390(H)×334(D)mm、重量(1本):10.2kg

最 上位機種のHS8となると、ワンランク上の高級モニター・スピーカーに匹敵するポテンシャルを感じました。クラシックを聴いても、弦鳴りの色っぽさをしっ かりと表現できていて、ナチュラルでバランスも良いです。サブウーファーのHS8SはHS8とのマッチングも良く、心地良く厚みのあるローを鳴らしてくれ ました。HS8単体でも充分ですが、重低音を体で感じながらダンス・ミュージックなどを制作したい人にとっては、HS8Sはオススメです。

 

YAMAHA MSP7 Studio

価格:63,000円/1本
問合せ:ヤマハ プロオーディオインフォメーションセンター
電話:0570-050-808
URL:http://www.yamahaproaudio.com/japan/

129YAMAHA_MSP7

<SPEC>タイプ:2ウェイ・バイアンプ、LF:127mm径/40W、HF:25.4mm径/27W、入力端子:XLR、TRS、外形寸法:179(W)×279(H)×208(D)mm、重量(1本):7.9kg

1 インチ径のチタン・ドーム・ツイーターによる高域の解像度は特筆すべきです。パワードらしい元気の良いサウンドなので、ロック系の制作に向くと思います。 ヌケが良いのでコンプ感なども見えやすく、ミックスにも適したモデルと言えるでしょう。また、本機は設置環境とのマッチングで、より良いサウンドを出せま す。高域がパワフルなので、壁際にスピーカーを寄せて低域を意図的に鳴らしながら、近めのリスニング・ポジションが良いですね。

 

YAMAHA MSP5 Studio

価格:33,000円/1本
問合せ:ヤマハ プロオーディオインフォメーションセンター
電話:0570-050-808
URL:http://www.yamahaproaudio.com/japan/

129YAMAHA_MSP5

<SPEC>タイプ:2ウェイ・バイアンプ、LF:165mm径/80W、HF:25.4mm径/50W、入力端子:XLR、外形寸法:218(W)×330(H)×235(D)mm、重量(1本):12.2kg

高 域と低域のバランスが良いですね。特にロック系の勢いのある音源では、完成度の高い音像が得られました。MSP5と比べてウーファー径が6.5インチと大 きくなったぶん、低域もまとまってシャキっとした高域や、中域のアタック感がさらに聴きやすくなっています。その結果として女性ボーカルのエッジや息遣い も心地良くなりました。低域は締まった印象なので、壁際にスピーカーを設置したコンパクトな制作環境でも、良い結果が得られるでしょう。

 

【モニター・ヘッドフォン】

ROLAND RH-300

価格:16,800円
問合せ:ローランドお客様相談センター
電話:050-3101-2555
URL:http://www.roland.co.jp/

RH-300_D.MS

<SPEC>タイプ:密閉、重量:250g

下 のRH-A30と同価格帯の密閉型ヘッドフォンで、同じく45mm径のドライバーを搭載しています。RH-A30と比べると、低域から中低域が主張してい る感じで、より骨太な印象です。中域がガツンとくるので、演奏していて気持ちの良いヘッドフォンだと思います。ノート・パソコンやコンシューマー機器の ヘッドフォン・アウトにつないでも、充分良い音がしました。重心が下の方にあるので、ダンス系の音楽制作やDJ用にも向くと思います。

 

ROLAND RH-A30

価格:16,800円
問合せ:ローランドお客様相談センター
電話:050-3101-2555
URL:http://www.roland.co.jp/

RH-A30_F.MS

<SPEC>タイプ:オープン・エア、重量:250g

45mm 径ドライバーを搭載したオープン・エア・タイプのヘッドフォンで、まず全体のまとまりの良さが光ります。程良い低域とアタック感のある中域、そしてヌケの 良い高域がバランスよく散りばめられている感じです。特にボーカルや弦楽器のエッジが心地よく響いてきます。重量は250gと軽く、装着感も柔かいので、 長時間の作業にも耐えるでしょう。定位や奥行きもよく見えるので、ヘッドフォンだけでミキシングする人にもお勧めできます。

 

YAMAHA HPH-MT220 / HPH-MT120

オープン・プライス
(市場実勢価格/HPH-MT220:25,000円前後、
HPH-MT120:15,000円前後)
問合せ:ヤマハ プロオーディオインフォメーションセンター
電話:0570-050-808
URL:http://www.yamahaproaudio.com/japan/

131YAMAHA_HPH-MT220

▲HPH-MT220

131YAMAHA_HPH-MT120

▲HPH-MT120

<SPEC>タイプ:密閉、重量:415g(MT220)、320g(MT120)

両 機とも密閉型でMT220は45mm径、MT120は40mm径のドライバーを搭載しています。MT220は中域のアタック感がよく、楽器の輪郭がはっき りしていて定位もよく見えます。骨格がしっかりしている印象で、ロック系ドラムがとてもタイトに聴こえて心地良いです。重量は若干重めですが、装着感はソ フトです。MT120は音の重心がやや高めですが、高域のヌケや広がりが良いですね。いずれの機種も楽器の鳴りがよく見えるので、レコーディングで力を発 揮すると思います。