「坂本龍一 | async – 短編映画コンペティション」開催決定!

坂本龍一|設置音楽コンテスト by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2017年6月15日

Photo: Ryuichi Maruo

Photo: Ryuichi Maruo

『async』の楽曲を使った短編映画を募集

坂本龍一の新しいアルバム『async』のリリースにともない『async – 短編映画 コンペティション』が開催されることがオフィシャル・サイトで発表された。

8年ぶりのスタジオ・アルバムとなった『async』は、坂本龍一自身がライナーノー トの中で『架空のタルコフスキー映画のサウンドトラック』という、誰に言うわけでもな いのに逡巡していたコンセプトのアルバムを作ろうと決心する。と語っているように「存在しない映画のサウンドトラック」として映像喚起力の強い作品である。そこで今回、『async』からの楽曲を使った短編映画のコンテストが開催されることになった。作品をジャッジするのは坂本龍一、タイ出身の映像作家・映画監督 アピチャッ ポン・ウィーラセタクンと視聴者。

坂本龍一が選ぶ「async賞」の副賞には、受賞者の次作映画に坂本龍一が1曲書き下ろし提供! また「アピチャッポン・ウィーラセタクン賞」は受賞者の次作映画のアドバイザーを務めるなど、まさに夢のような副賞が用意されている。

応募資格、賞についての詳細、作品の提出方法などは下記のオフィシャル・サイトにて。
http://sitesakamoto.com/contest

TUNECORE JAPAN