誌面連動

  • 【TASCAM Model 24】記事連動音源を公開!

    【TASCAM Model 24】記事連動音源を公開!

    サンレコ2019年4月号では、TASCAMの新鋭ミキサー/レコーダー/オーディオI/O=Model 24の試用レポートを掲載。バンドtoitoitoiとエンジニア藤木和人氏によるスタジオ・ライブの録り音をこちらでご試聴いただけます!

    サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2019/02/22

  • Gonnoが使う Studio One 第1回

    Gonnoが使う Studio One 第1回

    第1回 音質の良さを活用した アナログ・レコードのデジタイズ術 こんにちは、DJ/トラック・メイカーのGonnoです。僕は都内でハウス/テクノのDJを始めて、自身のレコードを海外レーベルより長年発表し、現在では東京以外の ……

    宮川麿 2019/02/17

  • 宮川麿が使う Studio One 第4回

    宮川麿が使う Studio One 第4回

    第4回 Professionalグレードならではの 標準搭載マスタリング・プロジェクト 早いもので、筆者の連載も最終回になりました。今回はPRESONUS Studio One(以下S1)でのマスタリング手順を紹介します ……

    宮川麿 2019/02/16

  • 宮川麿が使う Studio One 第3回

    宮川麿が使う Studio One 第3回

    第3回 AIによるスピーチを素材とした ボーカル曲の制作プロセス② コンポーザーのMaroです。前回はJ-WAVEの番組『INNOVATION WORLD』のラジオAIアシスタント=AI Tommy(以下Tommy)が歌 ……

    宮川麿 2019/02/15

  • 宮川麿が使う Studio One 第2回

    宮川麿が使う Studio One 第2回

    第2回 AIによるスピーチを素材とした ボーカル曲の制作プロセス① こんにちは、コンポーザーのMaroです。前回はPRESONUS Studio One 4の新機能を中心に紹介しましたが、今回はStudio One(以下 ……

    宮川麿 2019/02/14

  • モンスターストライク リミックスで目指す次世代クリエイター 【第2回】プロに学ぶリミックスのハウ・トゥ

    モンスターストライク リミックスで目指す次世代クリエイター 【第2回】プロに学ぶリミックスのハウ・トゥ

    スマートフォン向けアプリ“モンスターストライク”(以下、モンスト)のメイン・テーマをリミックスする“【XFLAG公式】リミックスコンテスト”が開催中だ。REMIX JUDGES(審査員)を務める近谷直之とDÉ DÉ MO ……

    Text:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2019/01/25

  • MIDOが使う「Pro Tools」第1回

    MIDOが使う「Pro Tools」第1回

    Pro Toolsでビート・メイク〜打ち込みをジャストなタイミングに  MIDO(ミド)と申します。これから数回に分けて、普段のトラック・メイクの方法について解説したいと思います。私はサンプリングより、MIDI打ち込みで ……

    MIDO 2019/01/25

  • モンスターストライク リミックスで目指す次世代クリエイター 【第1回】XFLAGが音楽に求めるもの

    モンスターストライク リミックスで目指す次世代クリエイター 【第1回】XFLAGが音楽に求めるもの

    スマートフォン向けゲーム・アプリ“モンスターストライク”(以下、モンスト)のメイン・テーマをリミックスする“【XFLAG公式】リミックスコンテスト”が開催される。本誌ではその模様をお伝えしていく。初回はコンテストの概要や ……

    Text:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2019/01/18

  • NATIVE INSTRUMENTS Komplete Kontrol A-Seriesで始めるビート・メイキング

    NATIVE INSTRUMENTS Komplete Kontrol A-Seriesで始めるビート・メイキング

    多種多様な音源やエフェクト・プラグイン、それらと完全統合するハードウェア・コントローラー、DJツールまで開発しているNATIVE INSTRUMENTS(以下NI)。音楽制作プラグイン・パッケージの新バージョン、Komplete 12のリリースに続いて、多くのクリエイターから支持されているキーボード・コントローラーのKomplete KontrolにA-Seriesが加わった。既に発売されているKomplete Kontrol S-Seriesと同じくスムーズかつ高機能な操作性を持ちながら、よりシンプルなデザインとなり、価格を抑えたモデルだ。また、本体だけでなく多くのサウンド・コンテンツとDAWが付属しているのもポイントで、手に入れやすい価格ながら本格的な制作をすぐにスタートすることが可能になっている。今回、ビート・メイカーのEGL(イーグル)にA-Seriesと付属ソフトでトラックを制作してもらい、その実力に迫ってみた。

    Text:EGL、サウンド&レコーディング・マガジン編集部 Photo:北村勇祐 2018/12/25

  • DJ WATARAIが使う「Pro Tools」第3回

    DJ WATARAIが使う「Pro Tools」第3回

    Pro Toolsでリミックス〜Jポップをニュー・ジャック・スウィングに  今月で僕の連載も最終回です。過去2回は、サンプルと打ち込みという違いはありましたが、大きなくくりで見ればループを中心にした考え方でのトラック制作 ……

    DJ WATARAI 2018/12/25

TUNECORE JAPAN