製品レビュー

  • 武嶋聡がMedium Large Chamber Modelを試奏

    武嶋聡がMedium Large Chamber Modelを試奏

    Marmaduke Medium Large Chamber Model (TML)テナー用

    往年のビンテージと同じ素材

    サックス&ブラス・マガジン編集部 2014/04/18

  • 佐久間勲がHandcraft HC-1CLを試奏

    佐久間勲がHandcraft HC-1CLを試奏

    Schilke Handcraft HC-1CL

    新設計が生み出す太い音色

    サックス&ブラス・マガジン編集部 2014/04/11

  • Ohyama “B.M.W” Wataruが725BRを試奏

    Ohyama “B.M.W” Wataruが725BRを試奏

    Cannonball 725BR “The Brute”

    渋みのあるサウンドとルックス

    河原賢一郎(サックス&ブラス・マガジン編集部) 2014/04/04

  • 類家心平が語るDSDサウンドとPCMレコーダー Sony PCM-D100の魅力

    類家心平が語るDSDサウンドとPCMレコーダー Sony PCM-D100の魅力

    Sony PCM-D100

    高音質を徹底追求したハイエンドPCMレコーダー“Sony PCM-D100”は原音に極めて近い形で記録するDSD2.8MHz/1bitや、PCM192KHz/24bitのハイレゾでの録音/再生に対応することで、CDを上回る音質でのレコーディングを可能にしている。原音に忠実なアコースティック・サウンドを手軽に楽しみたい管楽器に、ぜひお薦めしたいポータブル・レコーダーだ。今回はDSDレコーディングによるライブ・アルバム『4AM』をリリースしたばかりのトランペッター類家心平が“Sony PCM-D100”によるレコーディングを体験。『4 AM』を通じてDSDサウンドの実力を知る類家、そして『4 AM』のレコーディングを担当し、自身もトランペットを演奏するソニー・ミュージックスタジオのエンジニア、鈴木浩二のふたりに “Sony PCM-D100”でレコーディングされたサウンドの実力をレポートしてもらった。

    撮影:八島崇(ライブ写真、製品写真を除く) 2014/03/31

  • 赤塚謙一が180ML37SP Special Editionを試奏

    赤塚謙一が180ML37SP Special Editionを試奏

    Bach 180ML37SP Special Edition French-Bead Flat Rim

    定番機種のフレンチ・ビード仕様

    サックス&ブラス・マガジン編集部 2014/03/28

  • 白坂勉がPMB-300 DKを試奏

    白坂勉がPMB-300 DKを試奏

    P.mauriat PMB-300 DK

    ラージ・ベルの重厚感ある響き

    サックス&ブラス・マガジン編集部 2014/03/21

  • 海野あゆみがFree Wind Candy Dulfer Signatureを試奏

    海野あゆみがFree Wind Candy Dulfer Signatureを試奏

    Amsterdam Winds Free Wind Candy Dulfer Signature

    名器の研究結果と技術を凝縮

    サックス&ブラス・マガジン編集部 2014/03/14

  • 峰崎芳樹が1600ISを試奏

    峰崎芳樹が1600ISを試奏

    XO 1600IS

    ハイノート・ヒッター必見モデル

    サックス&ブラス・マガジン編集部 2014/01/24

  • 高荒海が野中貿易設立60周年 アニバーサリー・モデルを試奏

    高荒海が野中貿易設立60周年 アニバーサリー・モデルを試奏

    Bach Nonaka boeki 60th anniversary model SP

    1953年製を意識した限定品

    サックス&ブラス・マガジン編集部 2014/01/17

  • 山口真文がWST-MMVLを試奏

    山口真文がWST-MMVLを試奏

    Woodstone WST-MMVL

    独自開発された銀合金モデル

    サックス&ブラス・マガジン編集部 2014/01/10

TUNECORE JAPAN