サックス・マガジン 歌モノ・サックス・コンテスト2015/アルト編 開催!

マガジン連動 by 湯川 雅宗 2014年12月12日

サックス・マガジンはVol.2(12月10日発売)に掲載の特集記事「歌モノ・サックスの流儀/アルト編」と連動した誌上コンテスト「歌モノ・サックス・コンテスト2015/アルト編」を開催します。

基本 CMYK

 

サックス・マガジンVol.2特集「歌モノ・サックスの流儀/アルト編」連動企画

インスト・ナンバーでアドリブをバシバシキメるのもいいけど、ボーカル・ナンバーの間奏でここぞとばかりにフィーチャーされる歌心あふれるソロ・プレイもサックスならではの醍醐味だと言えるでしょう。

サックス・マガジンVol.2(12月10日発売)では「歌モノ・サックスの流儀/アルト編」と題した特集記事を掲載しています。

この企画ではポップス・シーンで数々の有名ボーカリストたちと共演する伊勢賢治、本間将人 、Juny-a(ファイヤーホーンズ)の3人のアルト・サックス奏者に、編集部が用意した同じ楽曲「Sunflower」に対してサックスのレコーディングを依頼。その演奏音源を付属CDに収録し、三者三様の歌モノへのアプローチを体感してもらうことができます。

さらに今回は特集記事と連動し「Sunflower」を課題曲にした誌上コンテスト「歌モノ・サックス・コンテスト2015/アルト編」も開催します。

誌面ではCD収録音源の3人の演奏を採譜した譜面と演奏に関するアドバイスを掲載しています。

3人の歌モノの達人たちの演奏とアドバイスを参考にして頂いて、ぜひコンテストにもチャレンジしてください!

 

ポップス・シーンで活躍する3人のサックス奏者が競演!「歌モノ・サックスの流儀/アルト編」出演サックス・プレイヤー

プリント

■伊勢賢治

PROFILE:マイカ・ミュージック・ラボラトリーで作詞・作編曲を学び、土岐英史、藤陵雅裕らにサックスを師事。シンガー・ソングライターとしての活動のほかに、松任谷由実をはじめとする有名アーティストのツアーやレコーディング、セッションに参加する他、楽曲提供やホーン/ストリングス・アレンジ、編曲などを行っている。サックス以外にも管楽器全般、ボーカル、パーカッション、ドラム、ピアノなど、数種類の楽器を担当するマルチ・プレイヤーでもある。

■本間将人

PROFILE :1978 年生まれ。東京都出身。12 歳からサックスを始め、洗足学園短期大学ジャズ科を卒業後、バークリー音楽大学に留学。帰国後アメリカで結成したファンク・バンド、グルーヴラインでビクターよりCDデビュー。歌心あふれるプレイで注目を集める。現在はフュージョン系インスト・バンドJAM COMPANYで活躍する一方、 DREAMS COME TRUE、スキマスイッチ、ジャンク フジヤマをはじめ、様々な有名アーティストのライブ/レコーディングに参加する。

■Juny-a[ファイヤーホーンズ]

PROFILE :同志社大学The Third Herd Orchestraにてヤマノ・ビッグバンド・ジャズ・ コンテストで最優秀賞、優秀ソリスト賞を受賞。サックスを近藤和彦、栗田洋輔に師事。 スガ シカオのホーン・セクションから生まれた3管編成のホーン・セクション“ファイヤーホーンズ”の活動のほか、bird、ジャンク フジヤマ、つのだ☆ひろ、SKY-HI(AAA)などのツアーやレコーディングに参加。スタジオ・ワークも幅広く行う。2014 年6月ファイヤーホーンズのリーダー作『Primal Ignition』をリリース。

 課題曲について

「歌モノ・サックスの流儀/アルト編」および「歌モノ・サックス・コンテスト2015アルト編」の課題曲は伊勢賢治がプロデュースを手掛けたボーカリスト、泉さやかの1stアルバム『Sayaka Izumi』からキュートな歌声とポップなサウンドが印象に残る「Sunflower」をセレクト。

『Sayaka Izumi』収録バージョンでは2コーラスあるボーカルを、本企画のために1コーラスに編集したサックス抜きの特別バー ジョンを新規に作成。「歌モノ・サックスの流儀」では、そのサックス抜きトラックに対し3人のサックス・プレイヤーがそれぞれ演奏を被せた。

60drum020

『Sayaka Izumi』 泉さやか

※『Sayaka Izumi』収録のオリジナル・トラックでは今回の付録CDに収録したものとは別バージョンの伊勢のサックス・プレイが収録されています。

PROFILE:泉さやか 5月8日生まれ、福岡県出身。17歳のとき、地元福岡でライブを行ったのをきっかけに音楽活動を開始。上京後はツイスト、ハウンドドッグの鮫島秀樹氏(b) やサザンオールスターズの松田弘氏(ds)などの大御所ミュージ シャンと共演。その後、プロデューサーの伊勢賢治と出会い2013 年5月に1st アルバム『Sayaka Izumi』をリリース。ライブを中心に活動中。

「歌モノ・サックス・コンテスト2015/アルト編」 応募要項

課題曲「Sunflower」にあなたのアルト・サックスの演奏をレコーディングしてご応募ください。 サックス・マガジンVol.2掲載の「歌モノ・サックスの流儀」で演奏を聴かせてくれた伊勢賢治、本間将人、JUNY-A の3人が応募作品を審査し、サックス・マガジンの誌上で結果を発表。優秀な作品はサックス・マガジンの付属 CD に音源を収録し、審査員3人のコメントも掲載する予定です。「Sunflower」の世界観を広げるような演奏の応募をお待ちしています!

応募要項

● サックス・マガジンVol.2付属CDに収録の「Sunflower」(付属CD:Track12/コンテスト応募用ボーカル&リズム・トラック ) に合 わせて、 応募者本人が演奏を行ったものを録音しサックス・マガジン編集部までお送りください。

● サックス・マガジンVol.2 122ページに掲載のエントリー・シート(コピー可)に必要事項を記入し、音源(CD-R)と同封してご応募ください。

● 今回のコンテストの対象楽器はアルト・サックスのみになります。

● 応募は1名1テイクのみで複数の応募は失格となります。

● 審査はサックス・マガジン編集部と伊勢賢治、本間将人、JUNY-Aで行います。

● 楽曲および応募音源、その他の権利はすべてサックス・マガジンに帰属します。

● 応募音源およびエントリー・シートは返却しません。ご了承ください。

応募資格

● 年齢、性別、国籍、プロ/アマは問いませんが、特定のレーベルに所属・契約しているアーティストの方の参加はご遠慮ください。

録音方法

● 録音の方法は問いません。ただし演奏に編集作業を加えたものは失格とします。応募には必ず本誌付属CD収録のコンテスト応募用ボーカル&リズム・トラックを使用してください。

● CD-Rに収録して郵送にてご応募ください(メールでの応募は受け付けていません)。

● 応募するメディア(CD-R)、ケースには必ず氏名を明記ください。

● エントリ ー・シートの情報はサックス・マ ガジン誌上およびリットーミュージックのWebサイトに掲載される可能性があります(住所、電話番号、E-Mail アドレスなどの個人情報は掲載しません)。

応募締め切り

2 0 1 5 年 3 月 1 0 日( 火 )当日消印有効

審査発表

● 審査員:伊勢賢治、本間将人、JUNY-A、サックス・マガジン編集部

● サックス・マガジンVol.4(2015年6月10日発売)の誌上、およびリットーミュージックWeb サイト(http://rittor-music.jp/saxbrass/)にて発表。

※ 優秀作品はサックス・マガジン Vol.4 付属CDに音源を収録。審査員のコメントを掲載します。

宛先

〒102-0073 東京都千代田区九段北 3-2-11 住友不動産九段北ビル 6F

(株)リットーミュージック

サックス・マガジン編集部 「 歌モノ・サックス・コンテスト2015」係

上記の応募要項をよく読んで、記入漏れのないように注意してください。

たくさんのご応募をお待ちしています。

問い合わせ

サックス・マガジン編集部

Tel : 03-5213-6286

E-mail : sbm@rittor-music.co.jp

 

 

 

 

Amazon.co.jpから購入定期購読(特典つき)

バックナンバー

TUNECORE JAPAN

@SaxBrassMag からのツイート