オーサカ=モノレール 山縣賢太郎の”秘伝のラッパ廻し術”

マガジン連動 by 編集部 2011年12月2日

サックス&ブラス・マガジンVol.21の特集「ジェームズ・ブラウン&JB’s」。この中のセミナーで、おそらくジェームズ・ブラウンのバンドがラッパ廻しの元祖だろうという理由からオーサカ=モノレールのトランペッター山縣賢太郎氏にラッパ廻しのノウハウを紹介してもらっています。
ここではそのノウハウを動画で解説してもらいました。
サクブラ本誌ではラッパ廻しを行うための楽器のセッティング方法や、ラッパ廻しの練習方法の詳細を掲載していますので本動画と併せてチェックしてみてください。

秘伝のラッパ廻し術

  1. 後ろ廻し 1:14~
  2. 前廻し 3:17~
  3. 前後&上下 3:43~
alert.gif

トランペット廻しは楽器を落として破損させたり、マウスピースやその他のパーツが飛んでしまうことで周囲の人に怪我をさせる恐れがあります。危険が伴う行為ですのでくれぐれも事故のないように自己責任で行なってください。
万が一、事故などが発生した場合でも山縣賢太郎氏およびリットーミュージックでは一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

関連リンク

TUNECORE JAPAN