サックス・プレイヤー竹野昌邦の愛器とイチオシのエントリー・モデル

Yamaha YAS-280/YAS-480/YTS-480

特集 by 撮影:言美歩 2013年5月29日

130515-sb-yamaha-main

サックス奏者の竹野昌邦が、プロとなった現在、愛用しているヤマハ製品の魅力、初心者にお勧めのエントリー・モデルなども紹介してくれた。これから楽器を始めようという人にはきっと参考になるだろう。

130515-sb-yamaha-1

竹野昌邦

テナー・サックスをメインに各種サックス、フルート、クラリネット、バス・クラリネットなども扱う。ジャズ・クラブでの活動のほか、数多くの有名アーティストのサポートも行い、その参加作品は数千とも言われている。村田陽一SOLID BRASS、オルケスタ・デル・ソルなどのメンバーとしても活躍中。多くのビンテージ・サックス/マウスピースを所有していることでも知られている。

竹野昌邦イチオシのエントリー・モデル

130515-sb-yamaha-2
アルト・サクソフォン
YAS-280
118,650円
YAS-280の詳細(ヤマハ)
130515-sb-yamaha-dgm-btn
130515-sb-yamaha-3
アルト・サクソフォン
YAS-480
199,500円
YAS-480の詳細(ヤマハ)
130515-sb-yamaha-dgm-btn
130515-sb-yamaha-4
テナー・サクソフォン
YTS-480
241,500円
YTS-480の詳細(ヤマハ)
130515-sb-yamaha-dgm-btn

竹野 480のテナー・サックスは自分でも気に入って現場でも使ってるくらいですからね。やっぱりアルトも480が好きです。初心者はもちろんすべての人にお薦めできますよ。上位機種YAS-62クラスと同じ彫刻もあるし、楽器は見た目の美しさとか持ってて愛着が沸くというのも大事なことだと思います。吹奏感はすごく軽いんですけど、しっかりした音色が確実にあるので良いですね。本当に初心者が買う最初の一本だったら280でもいいと思う。吹奏感が軽いので鳴らしやすいと思いますよ。

竹野昌邦の愛用モデル

130515-sb-yamaha-5
アルト・サクソフォン
YAS-855G
※生産完了品
130515-sb-yamaha-6
テナー・サクソフォン
YTS-480
※国内未発表品

竹野 このYTS-480は3カ月前に手に入れたんですが、最近テナーはこればっかり吹いてますね。適度な軽さで扱いやすいし、楽器が鳴りきってるような良い音色を出しやすいんです。周りのプロ・ミュージシャンからも好評で“よく鳴ってるね!”と言われますよ。バランスがとても良くて信頼性が高いし、効率よく鳴らしやすい。本来はエントリー・モデルだけど、僕らのようなプロの現場でも十分に使えるクオリティを持っています。本当にお薦めですよ。アルトのYAS-855Gは生産終了モデルで、僕は中古で手に入れました。これもすごく気に入ってますね。コンパクトに扱えて、ジャジィな雰囲気があるんです。金メッキ仕様の楽器です。

田中充、竹野昌邦、池田雅明3名へのインタビュー記事は、サクブラ本誌をご覧ください。

Yamaha

YAS-280/YAS-480/YTS-480


※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ヤマハミュージックジャパン お客様コミュニケーションセンター管弦打楽器ご相談窓口
TEL: 0570-013-808(ナビダイヤル)、053-411-4744(携帯電話、PHS、IP電話) http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/

TUNECORE JAPAN