コラム

知っててよかった!サクブラ用語辞典 [サックス編]

知ってるようで知らない音楽用語を、毎週更新でお届け!  月曜日はサックス・プレイヤーの加度克紘が解説します。

  • 【サックス用語辞典】第22回 指貝(ゆびがい)

    【サックス用語辞典】第22回 指貝(ゆびがい)

    サックスのキィで指に触れる白い部分を指貝といいます。このパーツは主に貝で作られていることから、この名前がついています。

    加度克紘 04/28

  • 【サックス用語辞典】第21回 テーブル・キィ

    【サックス用語辞典】第21回 テーブル・キィ

    テーブル・キィとは楽器の中央部分に位置し、左手の小指で操作するキィのことです。

    加度克紘 04/21

  • 【サックス用語辞典】第20回 パーム・キィ

    【サックス用語辞典】第20回 パーム・キィ

    サックスの高音域は左手で「パーム・キィ」と呼ばれるものを使用します。英語でPalm(手のひら)を使用することが名前の由来です。

    加度克紘 04/14

  • 【サックス用語辞典】第19回 ピッチ/チューニング

    【サックス用語辞典】第19回 ピッチ/チューニング

    「ピッチ(pitch)」とは日本語で「音程」とも言われる音の正確な高さを表す用語です。 これは同じ音のときに主に使われます。例えば「ド」という1つの音の中でも微妙な高低差があるので「ピッチの高いド」「ピッチの低いド」などと言われます。

    加度克紘 04/07

  • 【サックス用語辞典】第18回 移調楽器

    【サックス用語辞典】第18回 移調楽器

    サックスなど管楽器の多くは移調楽器と呼ばれる構造になっています。 移調楽器というのは記譜された(譜面に書かれた)音が、実音(ピアノなどの一般的な楽器の音)とは異なる音が出る楽器のことを指します。

    加度克紘 03/31

  • 【サックス用語辞典】第17回 音階名

    【サックス用語辞典】第17回 音階名

    吹奏楽ではドイツ語読みがよく使用されます。 指揮者に「アーの音を下さい」と言うように、いわゆる「ドレミファソラシド」という呼び方を使わない場合が多々あります。 そこで今回はその音名と読み方を記載しておきます。

    加度克紘 03/24

  • 【サックス用語辞典】第16回 緑青

    【サックス用語辞典】第16回 緑青

    サックスのラッカーの剥がれた部分に付着する緑色の汚れは緑青(ろくしょう)と呼ばれるものです。 これは銅の錆(さび)で、銅と亜鉛の合金の真鍮で作られているサックスもこの緑青が付着します。

    加度克紘 03/17

  • 【サックス用語辞典】第15回 コルク・グリス

    【サックス用語辞典】第15回 コルク・グリス

    グリスは摩擦抵抗が強すぎてパーツが入らない箇所に塗る潤滑剤です。 サックスではこの摩擦抵抗が強い箇所が2箇所あります。 それがマウスピースを差し込むネックのコルク部分とネックと本体を取り付けるところです。

    加度克紘 03/10

  • 【サックス用語辞典】第14回 スワブ

    【サックス用語辞典】第14回 スワブ

    「スワブ」とは紐が付いた布の事です。サックス演奏後に必ず行ってもらいたいのがスワブ通し。 革製タンポの天敵であるサックス内部の水分をとってあげることが目的です。

    加度克紘 03/03

  • 【サックス用語辞典】第13回 調整

    サックスを使用していると徐々に低音が出しづらく(音が裏返りやすく)なっていきます。 これはタンポの劣化やキィの少しの曲がりなどにより、完全にキィを塞ぐことができなくなった(気密性がなくなった)からです。

    加度克紘 02/24

TUNECORE JAPAN