RME DigifaceシリーズにDante&MADI対応機が登場

RME Digiface Dante

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2018/12/14

AG_RME_Digiface_Dante_Perspective

シンタックスジャパンはRMEのUSBオーディオ・インターフェースDigiface Danteを2019年1月16日から発売する。価格はオープン・プライスで、市場予想価格は145,000円前後+税。

コンピューター(Mac/Windows)との接続にはUSB 3.0を採用。Danteポート(AES67対応)✕4と、ワード・クロック兼用のMADI(BNC)を入力/出力で1系統ずつ搭載し、DanteとMADIで合計256ch(128イン/128アウト:48kHz時)を実現する。また、S/MUX対応で最高192kHzでの運用も可能。ヘッドフォン出力も実装している。電源はACアダプターまたはUSBバス・パワー。専用ソフトTotalMix FXとTotalMix Remoteを使って離れた場所から自由にミキシング/ルーティングを変更することが可能となっている。

また、コンピューターを使用しないスタンドアローン・モードで、DanteとMADIの相互変換やDanteスイッチング・ハブとしても機能する。

製品情報
https://synthax.jp/digiface_dante.html

RME

Digiface Dante

オープン・プライス(市場予想価格145,000円前後+税)
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

TUNECORE JAPAN