YAMAHA Vocaroidシリーズの最新版がリリース

YAMAHA Vocaroid5

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2018/07/19

vocaloid5

ピアノ・ロールに歌詞を入力して歌声制作ができるソフトウェア音源のVocaloid5 Standard(25,000円)が発売された。ダウンロード専用製品で、ボーカロイド公式ショップにて購入できる。

Mac/Windowsでの使用が可能で、AU/VSTに対応。ボイスバンク(歌声の種類)に英語で歌うAmyとChris、日本語で歌うKaoriとKenの4種類を用意しており、以前より歌声の品質が向上しているとのこと。Vocaloid5 Premium(40,000円)には、英語ライブラリーのCYBER DIVA IIとCYBER SONGMAN II、日本語で歌うVY1とVY2も収録している。

Vocaroid3、4からのアップグレード版(Standard:15,000円、Premium:24,000円)も用意されており、所有している音声ライブラリーはVocaroid5でも使用することができる。

新機能にはアイコンを張り付けるだけでビブラートなどの歌唱表現を加えられるアタック&リリース・エフェクトや、抑揚やスピードをマウス操作で簡単に変えることが可能なエモーション・ツールが加わって、以前より操作性が向上。コントロール・パラメーターに声の張り具合のExiter、発音に交ぜる息の量を変えるAir、発音に交ぜる息の量と母音の音色を設定するBreathinessを新たに加え、従来より表現の幅を広げている。

ボーカルに適した11種類のエフェクトも搭載しているので、音色の作り込みもできる。各1,000種類以上のプリセットMIDIフレーズと声のワンショット・オーディオ・サンプルが用意されているので、細かい設定をせずに使用することも可能だ。

 

製品ページ
www.vocaloid.com
 

YAMAHA

Vocaroid5

Standard:25,000円、Premium:40,000円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

TUNECORE JAPAN