PA現場で使えるUAD-2プラグイン・プロセッサー

UNIVERSAL AUDIO UAD-2 Live Rack

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2018/06/25

DMA-UAD-2-Live-Rack-Images-1

UAD-2 Live Rackは、PA現場においてリアルタイムでUAD-2プラグインを使用できるエフェクト・プロセッサー。MADI接続で16chを処理できるほか、44.1/48kHz時に最大4台、88.2/96kHz時に最大2台を使ってより多くのチャンネルを扱うことも可能だ。

Thunderbolt 3端子でAPPLE Macと接続し、Mac上でLive Rackアプリケーションを使用すると、プラグインのドラッグ&ドロップ、コピー&ペースト、プリセットのセーブやリコール、セッティングのスナップショット、MIDIによるスナップショット・リコールなどの機能を利用できる。2系統の電源を備え、どちらかに問題が発生しても継続して動作が可能。また、Thuderbolt 3接続が切れた場合も、最後に設定したプラグイン状態でプロセッシングを続ける。

UAD-2 Live Rackは、Teletronix LA-2A、1176、Pultec EQなどの基本的なUAD-2プラグインが付属するUAD-2 Live Rack Core(オープン・プライス:市場予想価格340,000円前後)と、SSLやSTUDER、NEVE、MANLEYといったメーカーのハードウェアをエミュレートした90種類のUAD-2プラグインが付属するUAD-2 Live Rack Ultimate(オープン・プライス:市場予想価格670,000円前後)をラインナップする。どちらのバージョンも、Antares Auto-Tune Realtimeが標準でバンドルされているのもポイントだ。

製品ページ
http://hookup.co.jp/products/universal-audio/uad-2-live-rack

UNIVERSAL AUDIO

UAD-2 Live Rack

オープン・プライス(UAD-2 Live Rack Core/市場予想価格:340,000円前後、UAD-2 Live Rack Ultimate/市場予想価格:670,000円前後)
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

TUNECORE JAPAN