新ユニットを搭載したJBL LSR3 Seriesの後継モニター3機種

JBL PROFESSIONAL 305P MkII/JBL PROFESSIONAL 306P MkII

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2018/05/23

JBL_3-Series-MkⅡ

ヒビノプロオーディオセールス Div.は、JBL PROFESSIONALのパワード・モニター“3 Series MKⅡ”の3モデルを5月31日に発売する。価格はオープン・プライスで、ラインナップは、ウーファー径5インチの305P MKII(市場予想価格16,000円前後+税/1本)、6インチの306P MKII(市場予想価格23,000円前後+税/1本)、8インチの308P MKII(市場予想価格27,000円前後+税/1本)。ツィーターは3モデルとも1インチ径。アンプは、305P MKIIが41W+41W、306P MKIIと308P MKIIが56W+56WのクラスDバイアンプ方式。クロスオーバー・フィルターには4次リンクウィッツ・ライリーのアクティブ方式のものを採用する。

定評あるLSR 3 Seriesのドライバーに改良を施し、再現性能を大幅に向上させたのが3 series MKII。低域ドライバーは、磁気構造を見直すことでボイス・コイルを取り巻く磁界のひずみを改善し、より正確なピストン運動を実現。入力信号から振動への変換精度が高まり、原音忠実な再現性を確保しているという。高域ドライバーにはボイス・コイルの冷却と制動の二役を担う磁性流体を採用。ボイス・コイルを適切に制動しながらも、入力信号に対する動作を妨げない粘度に再調整しており、立ち上がりの鋭い音や微細な変化も精緻に再現できるとのこと。高磁力ネオジム磁石とあいまって、クリアなサウンドを実現しているという。

ツィーター周辺にはフラッグシップ・モニターM2から継承された、イメージ・コントロール・ウェーブガイドを搭載。音像の再現に優れ、スピーカーの外側にまで広がるほどの広範なステレオ音場を再現するとともに、センター音像も明確になり、音場の奥行きや大きさも的確に把握できるという。また、設置する部屋の形状や容積が異なっても優れたモニター性能を発揮できるよう LSR(Linear Spatial Reference)設計を採用。スピーカーの周囲360°にわたって、直接音/反射音/残響音場に関する72もの測定を行い、出力性能を最適化している。さらに、リアのバスレフ・ポートは開口の両側に丸みを持たせた独自のスリップストリーム設計で、乱流を抑え、伸びと深みのある低域が得られるという。

ニュース・リリース
http://proaudiosales.hibino.co.jp/information/4088.html

関連リンク
「JBL PROFESSIONAL LSR308」製品レビュー:独自設計された新ユニットを搭載する2ウェイ・パワード・モニター
http://rittor-music.jp/sound/productreview/2014/04/44437

「JBL PROFESSIONAL M2」製品レビュー:新設計ユニットを搭載したパッシブ型スタジオ向けラージ・モニター
http://rittor-music.jp/sound/productreview/2014/03/44282

JBL PROFESSIONAL

305P MkII

オープン・プライス(市場予想価格16,000円前後+税/1本)
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

JBL PROFESSIONAL

306P MkII

オープン・プライス(市場予想価格23,000円前後+税/1本)
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

TUNECORE JAPAN