Coreテクノロジーによりひずみを抑えた楽器用マイク DPA MICROPHONES D:Vote Core 4099

DPA D:vote Core 4099

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2018/05/21

CORE4099_hi_lo

デンマークの音響機器メーカーDPA MICROPHONESの楽器用マイク、D:Vote Core 4099(オープン・プライス)が6月4日に発売される。同社のD:Vote 4099シリーズにCoreテクノロジーを採用したモデルで、ミニチュア・カプセルのアンプ部を改良したことでひずみを抑え、従来のモデルと比べて最大14dBのダイナミック・レンジ向上を実現。また、全帯域にわたってひずみが抑えられたことで、クリアで自然なサウンドを収音できるとのこと。オプションのワイアレス変換アダプターを使用することで、各社のワイアレス・システムに対応可能となっている。

感度がー44dBV/Paの高感度モデルと、ー54dBV/Paの低感度モデルの2種類をラインナップ。トランペットやドラムなどの音圧が高い楽器には低感度モデルを使うなど、使い分けが可能だ。それぞれコネクター部の色分けがされており、見た目で簡単に区別することができる(高感度モデルは赤色、低感度モデルは黄色)。

付属するウィンドスクリーンは、マイク後方からの音の回り込みをより低減するため、従来モデルと比べて大きめに設計されている。マイク本体やグース・ネック部などの構造は従来モデルと同一のため、楽器用クリップやケーブルなどのアクセサリー類はそのまま使用することが可能だ。

D:Vote Core 4099は単品での発売のほか、楽器用クリップなどのアクセサリーがパッケージされたセット・モデル(13 種類)、D:Vote Core 4099×10本と楽器用クリップ25個、またはD:Vote Core 4099×4本と楽器用クリップ10 個をペリ・ケースに収納したツアリング・キット(4種類)も用意している。

 

▲バイオリンにD:Vote Core 4099を装着した様子

▲バイオリンにD:Vote Core 4099を装着した様子

 

ニュース・リリース
http://www.hibino-intersound.co.jp/information/5457.html

 

DPA

D:vote Core 4099

オープン・プライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

TUNECORE JAPAN