MACKIE.、新FreePlayシリーズ3モデルが発表

MACKIE FreePlay LIVE

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2018/05/02

freeplay_series_new_blog_v3

MACKIE.は、リチウム・イオン充電池内蔵のアクティブ・ポータブル・スピーカー、FreePlayの最新モデル3機種を発表した。価格はいずれもオープン・プライスで、今夏発売予定。

いずれも内蔵電池で約15時間の駆動が可能。Bluetoothオーディオでのワイアレス入力が可能なほか、iOS/Android対応のアプリ、FreePlay Connectを使った操作にも対応する。

 

FreePlay Live

簡易PA用に使える最大のモデル、FreePlay Liveは、既発のFreePlayの後継に当たるモデル。6インチ・ウーファーと2基のツィーターを搭載し、150Wの出力を確保。マイク/ライン/Hi-Zに対応するXLR/フォーン入力を2系統備えるほか、ステレオ・ミニ入力(Bluetooth切り替え)も用意する。レベル・コントロールや3バンドEQ(メインのインプット2系統に対して有効)はFreePlay Connectから行える。底面にはマイク・スタンド取り付け用のアダプターも用意されている。外形寸法は356(W)×197(H)×178(D)mm、重量は4kg。市場予想価格は47,300円前後+税。
 

FreePlay Home

2.5インチ・フルレンジ・ドライバーを2基搭載し、最大出力は60W。入力端子はステレオ・ミニ(Bluetooth切り替え)。MACKIE.モニター・スピーカーHRシリーズで一定の評価を得ているパッシブ・ラジエーターを2基搭載し、低域の自然な増強を図っている。FreePlay Connectを使って、2台のステレオ・リンクも可能。1台での再生よりもワイドな音場を楽しめる。USBモバイル・バッテリーとしても使用できるので、スマートフォンなどへの充電も行える。外形寸法は241(W)×133(H)×102(D)mm、重量は1.8kg。市場予想価格は29,600円前後+税。
 

FreePlay Go

2インチ・フルレンジ・ドライバーを2基搭載し、最大出力は40W。入力端子はステレオ・ミニ(Bluetooth切り替え)。Freeplay Home同様、2基のパッシブ・ラジエーターを搭載する。FreePlay Connectでのステレオ・リンクも可能だ。USBモバイル・バッテリー機能も内蔵する。外形寸法は210(W)×83(H)×76(D)mm、重量は800gとコンパクトなモバイル仕様のモデル。市場予想価格は21,300円前後+税。
 

ニュース・リリース
http://mackie-jp.com/enews/?p=7399

製品ページ(英語)
http://www.mackie.com/freeplay-series

【製品レビュー】「MACKIE. FreePlay」:電池/AC電源の両方で駆動するモバイル仕様のPAスピーカー
http://rittor-music.jp/sound/productreview/2015/12/51314

MACKIE

FreePlay LIVE

オープン・プライス(市場予想価格47,300円前後+税)
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

TUNECORE JAPAN