SPLのマスタリングEQ、Passeqのアップデート版が発売

SPL Passeq Model 1650/SPL Passeq Model 1654

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2018/03/26

PASSEQ_2018

エレクトリは、ドイツSPLのステレオ・マスタリングEQ、Passeqの最新版を4月3日に発売する。カラーはブラック(Model 1650)とレッド(Model 1654)があり、価格はそれぞれ590,000円+税。

白いパネルのオリジナルPasseq(Model 2595)は2005年にリリース。チャンネルごとに72個のパッシブ・フィルター(ブースト×36、カット×36)を使用したパッシブ方式のEQで、内部動作電圧を高く保つことで高音質を実現する“120Vレール・テクノロジー”を採用した最初の製品だった。PLUGIN ALLIANCEによってプラグイン化もされ、人気を得ている。

Passeq Model 2595

Passeq Model 2595

新Passeqでは、選択可能な周波数が変更。特にLFとMFのカット周波数が低域側にシフトしている。同時に最適なコイル/コンデンサー/抵抗の組み合わせによって、Q値の調整も施されている。また、高域では可聴帯域を超える25kHz/35kHzをコントロール可能。さらに、旧モデルではカットのみであったアウトプット・ゲインが±10dBとなっている。

そのほか、一定間隔でバイパスとオンを切り替えるオート・バイパス機能も搭載している。

製品情報
http://www.electori.co.jp/spl/passeq_2018.htm

SPL

Passeq Model 1650

590,000円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

SPL

Passeq Model 1654

590,000円
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

TUNECORE JAPAN