IK MULTIMEDIA Syntronik iOS版 V1.1でiPhone/Audio Unitsに対応

IK Multimedia Syntronik iOS

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2017/12/14

syntronik_1_1_ios_main_image_white_20171120

IK MULTIMEDIAは、シンセに特化したソフト音源Syntronik iOS版の新バージョン1.1を発表した。
iPad版として当初リリースされたSyntronik iOS版だが、今回のバージョン・アップでiPhoneにも対応するユニバーサル・アプリに。iOS版Audio Unitsにも対応し、APPLE GarageBandやSTEINBERG Cubasisなどでプラグイン感覚で使用できるようになった。

Syntronikは、サンプルとモデリング技術の組み合わせで、古今東西のシンセ/ストリングス・マシンを再現。Syntronikのアプリ自体は無償(→AppStore)で、25種類の音色を試すことができる。アプリ内課金で、17種類のインストゥルメントと1,200種類の音色、4音色までのレイヤーによるマルチを200種用意したSyntronik Full(通常価格11,800円、12月30日まで7,400円)にアップグレードできるほか、インストゥルメント単位(通常価格各1,200円、12月30日まで各840円)での購入も可能となっている。

製品情報
http://www.ikmultimedia.com/syntronikios/

Mac/Windows版Syntronikのレビュー
「IK MULTIMEDIA Syntronik」製品レビュー:数々のシンセ/ストリング・マシンのサウンドを収録したソフト音源

 

IK Multimedia

Syntronik iOS


※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

TUNECORE JAPAN