大正琴を再現したソフト音源UVI Nagoya Harp

UVI Nagoya Harp

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2017/12/14

Nagoya-Harp_KEYS_1_Bow_GUI

UVIは、大正琴を元にしたソフト音源、Nagoya Harp(79ユーロ、国内セールス・パートナー価格9,000円)をリリースした。無償提供されるUVI Workstationまたは同社のソフト・シンセ/サンプラーFalconに読み込んで使用できる。
2万以上のサンプルを元に、伝統的な響きを再現するSTRUM、先進的かつ実験的な奏法や音色を豊富にそろえたKEYSという2つのバリエーションを収録。ピック弾きによるギターに似た音色から弓を用いたサステイン奏法などを組み合わせ、オーソドックスな大正琴のイメージを超えたサウンドを提供してくれる。マイクもコンデンサー、リボン、チューブがそれぞれ異なるポジションにセッティングされており、バランスの調整が可能だ。ADSRアンプ・エンベロープ、マルチモード・フィルターなども用意されており、シンセ感覚で音色の調整も行える。
なお、12月18日まで、発売記念価格の49ユーロ(国内セールス・パートナー価格:5,500円)で販売されている。

製品情報
https://www.uvi.net/jp/nagoya-harp.html

UVIセールス・パートナー一覧
https://www.uvi.net/jp/Sales-partners

UVI

Nagoya Harp


※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

TUNECORE JAPAN