PIONEER DJが4chのミキサー、DJM-750MK2を2017年8月下旬より発売

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2017/08/02

DJM-750MK2-top-n

DJミキサーとして広く使われている同社のDJM-900NXS2。同機のレイアウトを踏襲し、自宅でも演奏できることをコンセプトに開発された4chのDJミキサー、DJM-750MK2が、2017年8月下旬より発売される。

DJM-900NXS2にも搭載されていたエフェクト“BEAT FX”“FX FREQUENCY”“SOUND COLOR FX”を踏襲し、iOSデバイスとUSB接続によるデジタル・センド・リターンにも対応。

オーディオ部は64ビットによるミキシング、ディザリングなどの処理や、32ビットのA/D、D/Aコンバーターを採用し、音質にもこだわりを見せている。

そのほか、DJM-900NXS2と同等のEQ/チャンネルフェーダーと、高い耐久性を誇るのクロスフェーダー“MAGVEL CROSS FADER”を搭載した。

マルチプレーヤーXDJ-1000MK2と組み合わせれば、自宅でもクラブのような環境を再現することが可能だ。

【商品概要】

製品名:DJM-750MK2

価格: オープン・プライス(2017年8月下旬発売)

●「DJM-750MK2」商品ページ→https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/mixer/djm-750mk2/black/overview/

 

 

▲リア・パネル。

▲リア・パネル。

TUNECORE JAPAN