VRサウンド制作ツールAUDIO EASE 360Pan Suiteがバージョン・アップ

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2017/07/14

▲360Panの情報をレイヤーしたビデオ画面

▲360Panの情報をレイヤーしたビデオ画面

フォーミュラ・オーディオはAUDIO EASEのAmbisonics音響制作プラグイン・バンドル、360Pan Suite 2をリリースした。価格はオープン・プライスで、市場予想価格28,000円前後(8月に価格改定を予定)。バージョン1のユーザーは無償でバージョン・アップが可能。Mac対応で、対応ソフトウェアは、Pro Tools HD 11、12、STEINBERG Nuendo 7(一部の機能制限あり)、COCKOS Reaper 5。

▲360Pan

▲360Pan

▲360Monitor

▲360Monitor

ビデオ画面上でトラックのパンニングが行える360Panは、パラメーターとして距離と、新収録の360Reverbへのセンドを追加。360Reverbは同社Altiverbなどで培われたインパルス・レスポンス(IR)技術を使用するリバーブで、50種以上のIRファイルを収録。従来は難しいとされていたAmbisonics音声へのリバーブ付加が行える。また、Ambisonics音声を2chバイノーラルにリアルタイム変換する360Monitorは、ヘッド・トラッキング機能が加わり、ヘッドフォンを装着した頭の向きに音声定位と映像を連動させることが可能となった。また、2次(2nd order)=9chのAmbisonicsにも対応している。

▲360Reverb

▲360Reverb

そのほかAmbisonicsマイクやトラックにある音声の定位をビデオ画面上に表示する360Rader、Ambisonics音声と映像の角度ずれを補正する360Turner、Fuma/Ambixの相互変換ツール、2次(9ch)から1次(4ch)への変換ツールも収録している。

▲360Rader

▲360Rader

▲360Tuner

▲360Tuner

問合せ
フォーミュラ・オーディオ
http://www.formula-audio.co.jp/audioease/360pan.html

TUNECORE JAPAN