TK AUDIO SP501:トランス/電子バランスのアウトプットを切り替え可能なAPI 500互換マイクプリ

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2017/06/22

SP501_01

M.I.D.はAPI 500互換モジュール、TK AUDIO SP501の発売を開始した。既に発売されている2chマイク・プリアンプDP1MK3の機能に準じたシングル・スロットのマイクプリで、入力部にLUNDAHL製トランス、プリアンプ後段にはサウンドの色付けができるゲルマニウム・アンプ回路を用意。出力部ではCARNHILLトランスを使用したアウトプットと、電子バランス・アウトプットの2つの回路をスイッチで切り替えることが可能だ。トランス・アウトプットではウォームなトーン、電子バランス・アウトプットではプレーンなサウンドを得られる。

パネルにはGainノブ、48Vファンタム電源のオン/オフ用トグル・スイッチ、HPFノブ(カットオフ周波数は30〜400Hz)、Outputノブを装備。左側に並ぶボタンは上から−30dBパッド、トランス・アウトプットと電子バランス・アウトプットの切り替え、ゲルマニウム・アンプ回路のオン/オフ、ハイパス・フィルターのオン/オフ、出力信号の位相反転、入力インピーダンスの切り替え(400Ω/1.6kΩ)、パネルに備わったハイインピーダンス・インストゥルメント入力(フォーン)のオン/オフとなっている。

 

製品情報

価格
オープン・プライス:市場予想価格83,000円前後

製品Webページ
TK AUDIO SP501

問い合わせ先
M.I.D.

TUNECORE JAPAN