STEINBERG Nuendo最新バージョンが発売

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2017/06/22

Nuendo 8

ヤマハミュージックジャパンは、 STEINBERGの業務用DAWソフト、Nuendo 8を6月下旬から発売する。通常版(オープン・プライス)のほかNuendo 7/Nuendo 7 NEKからのアップデート版(オープン・プライス)、学校教職員向けのアカデミック版(オープン・プライス)、学生向けのスチューデント版(50,000円)、学校設備向けのマルチパック版(オープン・プライス)などが用意されている。

ポストプロダクションに特化した機能を増強。EDLファイルから映像編集点を検出する「リコンファームソリューション」、ゲーム開発ミドルウェアAUDIOKINETIC Wwiseとの連携を図る「Game Audio Connect」の強化、APPLE ProResをはじめとしたコーデックに対応するビデオ・エンジン(有償オプションによりAVID DNxHD/DNxHRにも対応予定)、Dolby Atmosや22.2chといった3Dサラウンド・フォーマットに対応するVST MultiPannerなど、ポストプロダクションの実務を踏まえたアップデートが数多くなされている。また同社のCubase Pro 9の全機能を備え、完全な上位互換ソフトとして使用することが可能だ。

製品Webページ
https://japan.steinberg.net/jp/products/nuendo/start.html

TUNECORE JAPAN