音の出だしと余韻に分けて加工できるプラグインEVENTIDE「Fission」発売

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2017/03/02

unnamed-1

タックシステムは、プラグインEVENTIDE「Fission」を2017年3月7日(火)に発売する。

「Fission」は、トランジェント(音の出だし部分)とトーナル(音の余韻部分)を分けて、それぞれを微調整、変更、再構築する特許申請中のStructural Effectsメソッドに基づいたプラグイン第一弾。

トランジェントにディレイ、タップ・ディレイ、コンプレッサー、フェイザー、リバーブ、ゲート+EQ、トーナルにディレイ、コンプレッサー、EQ、ピッチシフト、コーラス、リバーブ、トレモロをかけることができる。

EVENTIDE「Fission」
価格:19,800円(税別)

2017年3月31日(金)までキャンペーン価格9,800円にて販売

製品ページ
http://www.tacsystem.com/products/eventide/tverb.php

 

 

TUNECORE JAPAN