フレキシブル・アレイ・テクノロジーを搭載したパッシブ・スピーカーBOSE「F1 Model 812 Passive Loudspeaker」発売

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2016/12/06

F1_Model812_Passive_left_quarterRes

BOSEは、昨年発売した「F1 Model 812」のパッシブ・モデル、「F1 Model 812 Passive Loudspeaker」を発売する。これにより、F1 Model 812 の特徴でもある、空間に合わせて4種類の垂直カバレージ・パターンを選ぶことが可能な“フレキシブル・アレイ・テクノロジー”が固定設備用スピーカーで使用できるようになった。

また、専用ブラケットは吊り下げ設置用の「F1 Yoke Bracket」と、水平マウントでの天井吊り・壁掛け用「F1U Bracket」が新たに拡充される。

▲F1 Model 812 Passive Loudspeakerにブラケットを取り付けた様子

▲F1 Model 812 Passive Loudspeakerにブラケットを取り付けた様子

※本製品には、アクティブ・イコライザーが必要。別売りのプロセッサー「SP-24」「ControlSpace」またはDSP内蔵デジタルアンプ「PowerMatch」と合わせて使用する。

F1 Model 812 Passive Loudspeaker
市場想定価格 170,000円 (税抜)

F1 U Bracket/Yoke Bracket
市場想定価格 各35,000円 (税抜)

製品ページ
http://probose.jp/product/f1-model-812-passive-flexible-array-loudspeaker/

 
[お問い合わせ]
ボーズ株式会社 プロシステム本部
03-5489-1291  jp_pro@bose.com

TUNECORE JAPAN