多彩なワーク・フローを実現した楽曲制作&パフォーマンス・システムNATIVE INSTRUMENTS「Maschine Jam」発表

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2016/09/09

gkbmdajglcodjphn

NATIVE INSTRUMENTSは楽曲制作&パフォーマンス・システムMaschineシリーズの最新モデル、「Maschine Jam」を9月29日に発売する。8×8のマルチカラー・クリック・パッドと8本のSmart Stripを装備し、直感的にトラック構築できる新しいMaschineシステムで、最新版のMaschine2ソフトウェアとあわせて使用する。クリック・パッドはパターンやシーンを並べかえながらのアレンジ演奏のほか、ステップ・シーケンサーとして、またはリアルタイム演奏用パッドとして使用することができる。Smart Stripは各トラックのボリューム・コントロールだけでなく、エフェクトのパラメーターのコントロールやアルペジェーターやコード演奏などが可能。

また、本製品にはMaschine 2ソフトウェアと最新サウンドを含んだ9GBのライブラリー、ソフト音源MassiveとMonarkを含むKomplete 11 Selectが付属する。
 

 

販売価格 49,800円(税込)
発売日 2016年9月29日
https://www.native-instruments.com/jp/products/maschine/production-systems/maschine-jam/

TUNECORE JAPAN