PIONEER DJ、USB端子搭載ターンテーブル「PLX-500」、モニター・スピーカー「DM-40」のホワイト・モデル発表

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2016/08/03

pl-500-dm-40

Pioneer DJは、ダイレクト・ドライブ・ターンテーブル「PLX-500」とアクティブ・モニター・スピーカー「DM-40」のホワイト・モデル「DM-40-W」を発表した。

「PLX-500」はプロフェッショナル・ターンテーブル「PLX-1000」の音質設計思想を踏襲し、幅広いユーザーがアナログ・レコードを楽しめる機能を備えたモデル。PHONO出力だけでなくLINE出力に対応、さらにUSB端子も搭載しコンピューターに接続することが可能。同社で無償で提供される音楽管理アプリケーション「Rekordbox Ver4.2.1」を使用することで、簡単な操作でアナログ・レコードをデジタル録音することができる。カラー・バリエーションは、ブラック(PLX-500-K)・ホワイト(PLX-500-W)の2色。

製品情報「PLX-500」
http://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/turntable/plx-500/
価格 オープン・プライス
発売日  9月上旬

 

「DM-40-W」は、既発売のブラックモデル「DM-40」に追加された、ホワイト・モデル組み合わせる機器やインテリアに合う色を選ぶことができる。卓上に設置できるコンパクトなサイズでありながら、豊かな低音とクリアな音質の両立を実現している。

製品情報「DM-40-W」
http://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/monitor-speakers/dm-40/white/overview/
価格 オープン・プライス
発売日  9月下旬

▲PLX-500-WとDM-40-Wを設置したイメージ。PLX-500のダストカバーはレコードジャケットを立てかけられるように施されている

▲PLX-500-WとDM-40-Wを設置したイメージ。PLX-500のダストカバーはレコードジャケットを立てかけられるように施されている

 

【問い合わせ先】

Pioneer DJ サポートセンター
0120-545-676
Webサイト http://www.pioneerdj.com/ja-jp/support/

 

 

TUNECORE JAPAN