【TB Guitarworks/SESSIONMASTER】ストラトとセミアコの融合以上に多彩な音色を実現

PRODUCTS 2016/07/20

 有名アーティストも顧客に持つ、神戸のプロフェッショナル・ギター・ストア、TONE BLUE。1997年の設立当初よりカスタム・ギターの製作も行っていたが、2012年にブランド名を新たにTB Guitarworksとし、オリジナル・モデルを発表している。今年に入ってからは、新世代のギタリストも意識したニュー・モデルとして、Fender ジャズマスター®を基本とした「J-MODERN」を発表。より幅広い層で認知度が高まっている、まさに注目のブランドだ。

 今回、新たに発表された「SESSIONMASTER」は、あらゆるジャンルに対応可能なモデル。特に歌もののバックで威力を発揮することを想定し、デザインされている。最大の特徴は見ての通り、Fender ストラトキャスター®とES-335の融合だ。ロング・スケールを採用し、弾き心地や操作性はFender ストラトキャスター®寄りにデザイン、それでいてGibsonのテイストが欲しいギタリストに最適なモデルとなっている。ちなみにボディ構造は、ホロウではなくチェンバード。ピックアップは、フロント&リアのハムバッカーにはローラー・ピックアップのLow Wind Imperialを搭載。ビンテージのES-335に見られるパワーの低いPAFを基本にしたモデルで、やや明るく軽やかなサウンドが特徴となっている。センターには、同じくローラー・ピックアップのVintage Blackfaceを搭載。クリアでレンジの広い音色が特徴で、Low Wind Imperialのコイルタップと非常に相性が良いため、ストラトとはまた一味違った絶品のハーフトーン・サウンドが楽しめる。

 そして、特殊な配線によって幅広いサウンド・バリエーションを生み出す点も大きな特徴。5ウェイのピックアップ・セレクターは、ポジション1がフロント・ハムバッカー、ポジション2がフロント・シングル+センター、ポジション3がフロント・シングル+リア・シングル、ポジション4がセンター+リア・シングル、ポジション5がリア・ハムバッカー。センターは、単独では鳴らない配線になっている。ポジション2・4は言わばFender ストラトキャスター®のハーフトーン、ポジション3ではFender テレキャスター®のセンター・ポジションの音色が得られるイメージだ。これまでにない豊かなサウンド・バリエーションと独自の鳴りが楽しめる「SESSIONMASTER」。TB Guitarworksの認知度をさらに高めるモデルとして、熱い注目を集めることになりそう!

製品情報 デジマートでこの商品を探す

TB Guitarworks / SESSIONMASTER
価格:¥400,000 デジマートでこの商品を探す
【スペック】
●Body:Flame Maple/Alder(Chambered w/F-Hole)●Neck:Maple/Indian Rosewood, 25.5″●Neck Shape:59 roundback●Radius:10″~16″●Nut:TUSQ●Fret:Jescar FW9662NS(6105), 22 frets●Nut Width:1-5/8″●Tuner:Sperzel 6L●Bridge:Wilkinson VG300●Pickguard:Black 5 ply●Neck Pickup:Lollar Low Wind Imperial●Middle Pickup:Lollar Vintage Blackface●Bridge Pickup:Lollar Low Wind Imperial●Control:Vol, Tone, 5way●Finish:Vintage Sunburst●Strings:.010~.046
【問い合わせ】
TONE BLUE TEL:078-393-0125 http://www.toneblue.com
デジマート・マガジン

TUNECORE JAPAN