BOSE「RoomMatch」試聴会が東名阪で開催中

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2016/07/13

RoomMatchEvent

ボーズは、42パターンの指向性のアレイ・モジュールを組み合わせ、最適なカバレージを実現する「BOSE RoomMatch Delta-Q Arrays」スピーカーの試聴会を名古屋・東京・大阪の3都市で開催中。
BOSEが独自開発したコンプレッション・ドライバー「EMB2」を用いたコンサート・クオリティの音質と、空間形状に合わせ広い帯域での指向性コントロールが可能なDelta-Qテクノロジーにより、これまでのアレイ・スピーカーでは難しかった高い均一性、側壁からの反射音軽減を実現するRoomMatchの音を体感できる機会となっている。

【開催日程】
名古屋 7月13日(水)、14日(木) 青少年文化センター アートピア ホール
東京  7月19日(火)、20日(水) 江東区文化センターホール
大阪  8月3日(水)、4日(木) クレオ大阪東 大阪市立男女共同参画センター東部館

各会場の試聴会詳細と申込み用紙はボーズ プロシステム本部Webサイト(リンク)を参照してほしい。

▲BOSE RoomMatch

▲BOSE RoomMatch

【関連記事】
BOSE RoomMatch導入レポート
開発者&ユーザーが語るBOSE F1 Systems
拡張性と柔軟性でコンサート・クオリティのサウンドを実現するボーズの新世代サウンドシステム、2011年秋に登場

TUNECORE JAPAN