IZOTOPEからボコーダーやロボ声/ケロ声が手軽に生み出せるプラグイン「Vocalsynth」発売

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2016/05/20

VocalSynth_LargeUI

タックシステムは、ボーカルにシンセ的な処理を加えるプラグイン・エフェクト、IZOTOPE Vocalsynthを5月20日より出荷開始する。
“ボコーダー”“トークボックス”“ポリボックス(ハーモニー)”“コンピュボックス(グリッチ&デジタイズ)”という4つのリシンセシス・エンジンを統合。これらを並列処理することで、機械的なボーカル・サウンドやハーモニーを複雑なルーティングをすることなく手軽に生み出すことができる。
そのほか、リアルタイム・ピッチ・コレクション機能やハーモニー生成、ディストーション、フィルター、ボイス・トランスフォーマー、ディレイなどのエフェクトを搭載している。
Mac(OS X 10.8以降)/Windows(Windows 7以降)対応で、フォーマットはAAX/RTAS/AuduoSuite、VST2/3、AudioUnits。


【製品情報】
IZOTOPE Vocalsynth
オープン・プライス(市場予想価格24,000円前後)
/6月16日(木)までキャンペーン価格16,800円
http://www.tacsystem.com/products/izotope/vocalsynth.php

TUNECORE JAPAN