【Fuzz Goddess】デヴィ・エヴァーが手掛ける"ファズ女神"降臨。ファズ系ペダルの充実度満点!

PRODUCTS 2016/05/17

 過去に“Effector 13”や“devi ever fx”といったエフェクター・ブランドを主宰していたデヴィ・エヴァー氏。彼が現在手掛けている“Fuzz Goddess(ファズ・ゴッデス)”は、その名の通りファズ系のペダルに注力するブランド。そんなFuzz Goddessのラインナップが、ついに国内初登場となった。

 「ATOMIZER LIMITED(アトマイザー・リミテッド」は、人気のビンテージ・ファズを再現したものではなく、新たな発想に基づいて設計されたファズ・ペダル。デヴィ・エヴァー氏がこれまでに設計してきた回路の中で、もっともフレキシブルで拡張性の高い発振ファズ回路となっている。歪みの質感や強さを調整する“ANAMORPHOSIS”ノブで、ゲート・ファズからビッグ・マフのような音色、さらにはシンセを思わせる領域まで可変。ちなみに、高く設定すれば発振させることも可能だ。

 「BITCH LEGEND(ビッチ・レジェンド)」は、デヴィ・エヴァー氏が手掛けたことで知られるロー・ビット・ファズを限界までプッシュしたモデル。ノコギリの歯のようにギザギザで鋭い、いわゆるソートゥース・ファズで、古いビデオ・ゲームのようなサウンドや、インダストリアルなリード・トーンを作ることができる。歪みの強さは“MAGNITUDE”ノブで調整。そのトーンは、まさに強烈だ。

 「EFFECTOR 13(エフェクター13)は、デヴィ・エヴァー氏が最初期に開発した回路をベースとしたモデルで、2つのゲイン・ステージを持つシンプルなファズ・ペダル。レスポンスの良さも魅力で、アンプをプッシュするブーストからオーバードライブ、そしてクラシック・ファズなど、高品位で幅広いサウンドを生み出す。歪みの強さは、やはり“MAGNITUDE”ノブで調整。氏が最初に設立したブランド名を冠している点にも、その自信と思い入れが感じられる。

 数あるジミ・ヘンドリックスのライブ音源の中には、やはり会場の機材や環境、時代などの要因により、どうしても音質が悪いものも存在する。「FUCKTAVIA(ファックタビア)」は、そんな粗い音源からインスピーレーションを得て制作したというユニークなペダルだ。そのサウンドは、まさに轟音が支配するオクターブ・ファズ。“MAGNITUDE”ノブは、歪みの強さだけでなく、トーンや歪みの質感も微調整できる。

 「MIG BUFF(ミッグ・バフ)」は、いわゆる“音の壁”のような質感を持つファズ・ペダルをさらに進化させたモデル。基本的に分厚く甘い音色で、音の壁のようなファズ・サウンドが得られる。“AFTERBURNER”ノブは、歪みの強さと共に音色の特性も変わり、さまざまなファズ・サウンドを作ることが可能。さながら、デヴィ・エヴァー氏が制作した歴代のファズを巡るようなペダルとなっている。ちなみに既出の4機種は、音量を調節するノブは“VOLUME”だが、本機では“ALTITUDE”。

 以上5機種とも、駆動はスタンダードなセンター・マイナスDC 9Vアダプターにて(電池は使用不可)。またFuzz Goddessでは、他にも「ATOMIZER 4K」「CANNON BALL」「CAT FANG」「DEEP BASS」「FATHOM」「GISH」「HER PIE ION」「LASER CAT」「MOUSE TRAP」「PARA EBOLA」「RUDE BEE」「SICK MEMES」「SO, THE MIRE」「SPACE CRAMP」(以上すべてファズ)、「JIMI」(オクターブ・マフ・ファズ)、「OAK」(オーバードライブ~ファズ)、「PLUME」(ゲート・ファズ)、「EXIT FUZZ」(ベース用ファズ)、「BASS DRIVE」、「NERVE DRIVE」、「DIRTY BOOST」、「ANIME WAIFU」(クリーン・ブースター)、「CLEAN BOOST」など、一筋縄ではいかない上にクセのある名前を冠したモデルが多数ラインナップされている。エフェクター好きはマストでチェックすべし。

製品情報 デジマートでこの商品を探す

Fuzz Goddess / エフェクター各種
価格:オープン デジマートでこの商品を探す
【問い合わせ】
LEP INTERNATIONAL http://lepintl.jimdo.com
デジマート・マガジン

TUNECORE JAPAN