1980年初期のデジタル・リバーブを再現したOTO MACHINES「Bam」発売

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2016/04/28

bam

アンブレラカンパニーはリバーブ・エフェクトOTO MACHINES「Bam」の発売を発表した。これは、1970年代後期~1980年初期のデジタル・リバーブ・ユニット(EMT250やLexicon 224など)の持つ、太く、カラフルなサウンドを再現した、個性的なリバーブ・エフェクト・プロセッサー。当時のテクノロジーを再発見し、デスクトップで使用できるミュージシャン・フレンドリーなプロフェッショナル機器として、最初期の伝説的なリバーブ・ユニットを再構築した。パフォーマンスや、音楽スタジオ、制作環境でも活用できる。

出荷開始は2016年6月後半から7月頃を予定。

 
OTO MACHINES「Bam」
販売価格:75,000円(税抜)
製品ページ
http://umbrella-company.jp/contents/oto-machines-bam/

 

TUNECORE JAPAN