楽器演奏の録音にも対応する高音質ハンディー・レコーダーSONY ICD-SX2000

PRODUCTS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2016/02/23

icd-sx2000

SONYはハンディ・レコーダーICD-SX2000を2月13日に発売した。会議の記録などに便利な軽量でコンパクトなサイズでありながら、24ビット/96kHzでのハイレゾ録音が可能。入力レベルを自動的にチューニングするインテリジェントAuto Gain Control機能により楽器演奏などの高い音圧の録音にも対応。マイクはハイレゾに対応できる高音質システムを実現し、ズーム・ポジション、ワイド・ステレオ・ポジション、X-Yポジションと3段階に可動し、さまざまな録音方法に対応する。またBluetooth経由により、リモート・コントロール・アプリ「Rec Remote(iOS/Android対応)」を使用し、離れたところから録音開始、一時停止、停止、また設定の変更などが行える。再生においてはリニアPCM、FLACの24ビット/192kHzに対応し、ハイレゾ・プレーヤーとして使用も魅力的だ。

SONY ICD-SX2000
市場推定価格:約30,000円前後 (税別)
製品ページ:http://www.sony.jp/ic-recorder/products/ICD-SX2000/

 

TUNECORE JAPAN