APOGEEのフラッグシップ機Symphony I/OがMKIIにリニューアル

PRODUCTS 2016/01/22

SIO-Mk-II-Front-View

APOGEEは最大32イン/32アウトをサポートするオーディオI/O、Symphony I/O MKIIを発表した。Thunderbolt接続でMac対応のCPUネイティブDAWと併用できるだけでなく、AVID Pro Tools HDシステムのI/Oとして、またはWAVES SoundGridネットワーク内のオーディオI/Oとしても使用できる(順次対応予定)。

入出力数は、本体内に2基まで搭載できるモジュールに依存。アナログ入出力数ごとに2×6、8×8、16×16、そして8×8+マイクプリというモジュールが用意される。

▲上から2×6、8×8、16×16、8chマイクプリ。2×6、8×8は8イン/8アウトのデジタル入出力も搭載

▲上から2×6、8×8、16×16、8chマイクプリ。2×6、8×8は8イン/8アウトのデジタル入出力も搭載

フロント・パネルにはタッチ・スクリーンを配し、メーターや各種キャリブレーションなどが本体上で可能。専用ソフトウェアのMaestro上からのコントロールも行える。また各回路が常に最適なコンディションで動作できるよう、自動温度調整機能を備えている。

アナログ回路すべての基礎ブロックに、独自の形で完全差動オペアンプを採用。低ノイズと低ひずみ、超高速なスルー・レート、優れた電流出力特性を実現。D/A部のチップにESS Sabre32を採用する。また、ヘッドフォン・アンプには、あらゆるヘッドフォンに対して出力を最適化するConstant Current Driveを搭載している。

 

製品情報
APOGEE Symphony I/O MKII
価格は構成により異なる
http://www.apogeedigital.jp/product/symphony-io-mk2

デジマート・マガジン

TUNECORE JAPAN