【Universal Audio】APOLLO TWIN待望のWindows版、APOLLO TWIN USB

PRODUCTS 2015/09/15

 株式会社フックアップは、Universal Audio社のDSPシステム搭載テーブルトップ・タイプ高品位オーディオ・インターフェースAPOLLO TWINのWindows版、USB 3.0対応のAPOLLO TWIN USBを2015年10月中旬に発売する。

 音質の良さはもちろんのこと、DSP搭載オーディオ・インターフェースとして人気のAPOLLO TWINはMacintoshコンピューター専用Thunderbolt版だが、今回のSuperSpeed USB 3.0対応APOLLO TWIN USBが発売することにより、ようやくWindows環境でも使用できるようになった。また、DSPを2基搭載したAPOLLO TWIN DUOと同等の性能を持ち、トラッキングからミキシング/マスタリングまで快適に動作する。さらにThunderbolt接続環境しか対応していなかったコントロール・ツール“APOLLO CONSOLE”もv2.0にアップデート。Windowsならではのマルチタッチにも対応している。

2015年11月発売予定

オープン価格【市場実勢価格:110,000円(税別)】

Apollo Twin USB フロント部

Apollo Twin USB リア部

Apollo コンソール 2.0

製品情報 デジマートでこの商品を探す

Universal Audio / APOLLO TWIN USB
価格:オープン デジマートでこの商品を探す
【スペック】
【主な機能】デスクトップスタイル、アナログ2イン/6アウト、高品位24ビット/192kHzオーディオコンバージョン仕様、USB 3.0オーディオインターフェイス ●ほぼゼロレーテンシー(2ms以下)による、トラッキング(レコーディング)時にビンテージなコンプレッサー、EQ、テープマシン、マイクプリアンプやギターアンプを通したリアルタイムUADプロセッシングを実現 ●最新のWindows PCに装備されているSuperSpeed USB 3.0接続 ●Unisonテクノロジーによる、クラシカルなマイクプリアンプの完全な再現 ●2つの高性能マイク/ラインプリアンプ、2つのラインアウト、フロントパネルに搭載されたHi-Zインストルメントインプットとヘッドフォンアウト ●いかなる音量レベルでも常に最大の解像度を実現する、デジタルコントロールされた2つのアナログモニターアウト ●最大8チャンネルのデジタルインプット(オプティカル接続) ●慎重に設計されたアナログ回路、選びぬかれた部品、そして高いレベルの品質 ●“Realtime Analog Classics”UADプラグインバンドルが付属(レガシーバージョンのLA-2A Classic Audio Leveler、1176LN Limiting Amplifier、Pultec EQP-1A Program Equalizer、そしてSoftube Amp Room Essentials、RawDistortion、610-B Tube Preampなど) ●チャンネルストリッププリセット、ドラッグ&ドロップ機能、自在にサイズ変更可能なウィンドウなど新たな機能が追加されたConsole 2.0ソフトウェア ●UADプラグインは多くの主要DAWで、VST、RTAS、AAX 64といった各プラグインフ ォーマットで動作 ●Windows 7、または8.1専用(64ビットのみ) ●電源:専用パワーサプライ付属(100 ~ 240VAC)●最大消費電力:12 W ●外形寸法:150 × 57 × 152 mm(W×H×D)(突起部含まず) ●本体重量:1.05 kg 【最低動作環境】●Windows PCのみ対応 ●64ビット版のWindows 7 SP1、または8.1 ●SuperSpeed USB 3.0空きポート ●Intel“i”シリーズプロセッサー(i3、i5、i7) ●6GB以上の空きハードディスク容量 ●1024×800以上の解像度のディスプレイ ●インターネット接続環境(ソフトウェアインストール、製品登録、追加プラグイン購入のため)
【問い合わせ】
株式会社フックアップ TEL:03-6240-1213 http://hookup.co.jp/products/universalaudio/apollotwinusb/
デジマート・マガジン

TUNECORE JAPAN