【NINEVOLT PEDALS】3種のリバーブを網羅した「BATH TIME REVERB」

PRODUCTS 2015/07/06

 エフェクター専門店“ナインボルト”が立ち上げたオリジナル・エフェクター・ブランド“NINEVOLT PEDALS”。動物やユニークなキャラクターをモチーフにしたネーミングやデザインも好評で、これまでに「SURFING BEAR OVERDRIVE」と「RELAXING WALRUS DELAY」を発売している。

 今回新たに発売されたのは、まず3種類のリバーブが選択できるという「BATH TIME REVERB」。中央のトグル・スイッチで、リバーブの種類を切り替えることが可能となっており、大きなホールの響きを再現した「HALL」、名機とされる往年のギター・アンプに搭載されていたスプリング・リバーブを再現した「SPRING」、ライブハウスやスタジオなど小さめの空間での残響をイメージした「ROOM」の3種類から選択できる。TIMEは、残響が伸びる時間を設定するツマミ。短く設定すれば軽い残響に、長く設定すれば大聖堂や、さらには宇宙空間のような幻想的な残響が得られる。そしてMIXツマミで、ドライ(原音)とウェット(エフェクト音)のバランスを調整。最大に設定すると、小さなアタックから音が一気に広がり、ストリングスのような美しい音色を作ることができる。

 一方、「I WAS A WOLF IN THE FOREST DISTORTION」は、すべてのロック・ギタリストのためのクラシックなディストーション・ペダル。ブリティッシュ・スタック・アンプならではの太く温かで、かつエッジの効いたディストーションを作ることができる。特徴としては、DRIVEツマミの設定自体を低くしてあるため、軽いクランチ程度の歯切れの良い歪みから、クリーミーなオーバードライブ、そしてザクザクしたクラシック・ディストーションまで、さまざまな歪みを生み出す。ギター本体のボリューム操作に対するレスポンスも良好だ。また、ペダル内部には「Presence」と「Bass」のトリム・ポットを装備。「Presence」は左に回すことでトップ・エンドを、「Bass」は右に回すことでボトム・エンドを軽く強調することができるため、パワーアンプに装備されているプレゼンスやディープ・コントロールのような微調整が行える。

 両モデルとも、フット・スイッチはトゥルーバイパスを採用。9V電池またはスタンダードなセンター・マイナスDC9Vアダプターで駆動(「BATH TIME REVERB」は消費電流が多いためアダプター推奨)。また、デザインはオーストラリアで活動するサーフアート画家Jonas Cleasson氏が担当している。感度の高いギタリストには、いち早くチェックしてほしい逸品だ。

製品情報 デジマートでこの商品を探す

NINEVOLT PEDALS / BATH TIME REVERB
価格:オープン デジマートでこの商品を探す
【スペック】
●消費電流:140mA●インプットインピーダンス:500kΩ●アウトプットインピーダンス:10kΩ
【問い合わせ】
LEP INTERNATIONAL http://lepintl.jimdo.com

製品情報 デジマートでこの商品を探す

NINEVOLT PEDALS / I WAS A WOLF IN THE FOREST DISTORTION
価格:オープン デジマートでこの商品を探す
【スペック】
●消費電流:6mA●インプットインピーダンス:500kΩ●アウトプットインピーダンス:10kΩ
【問い合わせ】
LEP INTERNATIONAL http://lepintl.jimdo.com
デジマート・マガジン

TUNECORE JAPAN