【Ampeg】遂に登場! アンペグのプリアンプ/D.I.「SCR-DI」

PRODUCTS 2015/04/09

 今年1月に米アナハイムにて行われたNAMM Show 2015でも話題となった、老舗ベース・アンプ・ブランド、アンペグによる待望のプリアンプ&D.I.「SCR-DI」が、ついに日本上陸。アンペグの顔とも言えるSVTの定番的なサウンドから、ポータフレックス・シリーズなどのサウンドも網羅し、さらに幅広い歪みを生み出すベース・スクランブラー・オーバードライブ機能も装備している。

 トーン・セクション(右側)には、AUXレベル/トレブル/ミッド/ベース/ボリュームに加え、ウルトラ・ハイ/ウルトラ・ローという2つのシェイピング・スイッチも装備。スクランブラー・セクション(左側)は、SVTの歪みを継承した最新のベース・オーバードライブ機能を持ち、コントロールはドライブ/ブレンドを装備。これら2つのセクションは、それぞれオン/オフのフット・スイッチを備えているため、計4パターンの組み合わせが瞬時に切り替え可能となっている。

 D.I.(ダイレクト・ボックス)としては、グラウンド・リフト・スイッチ付きのバランスXLRアウトを装備。ライブ会場やレコーディングでも直接PAコンソールに送ることができる。さらに、ヘッドフォン端子とレベル・コントロール付きのAUXインプットを装備しているため、外部音源とのセッションや練習、ヘッドフォン・アンプとしての使用も可能だ。他にも、1/4”アンバランス・ラインアウト端子はもちろん、チューナー接続に最適な1/4”スルー・アウト端子、そして内部にはアクティブ・タイプのベースにも対応する-15dBのジャンパー・スイッチも装備している。亜鉛ダイキャストのシャーシに金属製フット・スイッチなど、耐久性の面でも安心だ。なお電源は、9Vバッテリー(006P)のほか、パワーサプライ(別売)による使用も可能。

 これまで、他社によるアンペグ・サウンドを再現した製品はあったが、アンペグ自らがこうした手軽な製品を出すというのは、まさに待ち望まれていたこと。ぜひ、そのサウンドと機能を体感してほしい!

製品情報 デジマートでこの商品を探す

Ampeg / SCR-DI
価格:¥36,500 発売日:2015/4/7 デジマートでこの商品を探す
【スペック】
●Signal to Noise Ratio:90dB(20Hz~20kHz, unweighted)●Maximum Gain@1kHz:[Input]24dB;45dB,[Scrambler]in/max.,[Aux]input 27dB●Tone Controls:[Bass]+14/–14dB@40Hz,[Mid]+5/–11dB@500Hz,[Treble]+16/–15dB@4kHz●Power Requirements:[Internal]9V Battery,[External]9–12VDC@100mA●Size:56(H)×193(W)×110(D)mm●Weight:約1.2kg
【問い合わせ】
神田商会 TEL:03-3254-3611 http://www.kandashokai.co.jp
デジマート・マガジン

TUNECORE JAPAN