【Electro-Harmonix】まさに究極のトレモロ・ペダル「Super Pulsar」

PRODUCTS 2015/03/12

 エレクトロ・ハーモニックスより、アナログ回路による温かくも瑞々しいトーンと、ありとあらゆる機能が共存した、まさに究極と言えるステレオ・タップ・トレモロ「スーパー・パルサー」が登場した。

 モジュレーションの波形は、「WAVE」ノブによってサイン波/三角波/パルス波の3種類から選択し、「SHAPE」ノブで波形のパターンをさらに調整可能。「WAVE」ノブが右半分のRHYTHM側に設定されている場合は、この「SHAPE」ノブによって9種類のリズム・パターンから選択する(リズム・パターンはユーザーによる変更/保存も可能)。モジュレーションの波形を反転させることができる「WAVE INVERT」機能もユニークだ。また、トレモロ/パンのスピード(モジュレーションのレート)は「RATE」ノブで調整するが、手前の「xRATE」ボタンでスピードの範囲をSLOW/MEDIUM/FASTに切り替えることができる。そして、エフェクトのかかり具合は「DEPTH」ノブで調整。この「RATE」「DEPTH」には、ダイナミックな効果を生み出すエンベロープ・フォロワー回路が追加されており、各ノブの左上に装備された「ENV RATE」「ENV DEPTH」コントロールによって、「RATE」「DEPTH」との相互作用を調整できるようになっている。

 「RT.PHASE」ノブは、ステレオ効果を調整するためのコントロール。本機の入出力は、ステレオ・イン/ステレオ・アウト、モノ・イン/ステレオ・アウト、ステレオ・イン/モノ・アウト、モノ・イン/モノ・アウトから選択可能となっており、アウトプットをステレオにする場合とインプットをステレオにする場合でパンニング効果が変わるという凝りようだ。さらに、タップ・テンポのための「TAP」フット・スイッチや、発音リズムの設定ができる「TAP DIVIDE」機能も装備。その両方を駆使してオリジナルのリズム・パターンを設定、8種類まで保存することも可能となっている。他にも、エクスプレッション・ペダルまたはCVコントロールによって、「RATE」「DEPTH」「SHAPE」「PHASE」「VOLUME」のいずれかをリアルタイムで調節することができたり、「MODE」フット・スイッチによって「TAP DIVIDE」「EXP」「8種類のプリセット」をスクロールできるなど、不可能はないと言えるほどの充実機能が満載。なお、トゥルーバイパス採用で、電源は付属の9V DCセンター・マイナス・アダプター「JP9.6DC-200」を使用。

 本機に、同社のオルガン・マシン「B9」「C9」を組み合わせて、さらにルーパーとの組み合わせなどによって、もはやギターの表現力の範疇を超越した音世界もクリエイト可能と言えるだろう。

製品情報 デジマートでこの商品を探す

Electro-Harmonix / Super Pulsar
価格:¥44,000 デジマートでこの商品を探す
【問い合わせ】
キョーリツコーポレーション TEL:03-5614-2081 http://www.kyoritsu-group.com
デジマート・マガジン

TUNECORE JAPAN