【コルグ】モンスター級のワークステーション・シンセKRONOSがさらに進化

PRODUCTS 2014/11/26

 それぞれが専用機クラスのクオリティを持つ9つの音源エンジンを搭載した、モンスター級のワークステーション・シンセKRONOSがモデル・チェンジ。音楽制作からライブまで全方位に目配りの利いた前モデルの強みはそのままに、さらなるグレードアップを果たしている。

 大きな特徴の1つが、より一層の進化を遂げたピアノ音源。全鍵ループなしステレオ・サンプリングによる高品位なサウンドを誇るSGX-1のすべてを引き継ぎ、重厚感のあるベルリン・グランドを加えたSGX-2へと生まれ変わった。弾いた音程以外の弦のわずかな共鳴を再現したストリングス・レゾナンスや、専用のサンプルを新たに用意したウナ・コルダ(ソフト・ペダル)など、アコースティック・ピアノならではのニュアンス豊かな表現力も強化されている。

 初代KRONOSでは、一流ミュージシャン自身から提供された音色にアーティスト名を冠したアーティスト・シグネチャー・プログラムが話題となったが、今回はそれに加え、ロック/ポップスの定番曲の名前が付いたソング・プログラムを新たに搭載。この曲と言えばあの音、とすぐに思い浮かぶキーボード・サウンドの数々は、プレイや曲作りの可能性を大きく広げてくれそうだ。

 よく使うプログラムやコンビネーションをディスプレイ上のボタンにアサインし、モードを意識することなくワンタッチで呼び出せるセット・リスト・モードは、ボタンのカラーを選べるようになり、使い勝手がさらに向上。また、メイン・オーディオの最終段にステレオ9バンド・グラフィックEQを装備し、会場の響きに合わせた補正を可能にするなど、ライブ・キーボードとしてのポテンシャルを高めている。

 ディスプレイに直接触って操作するスタイルをいち早く採用したコルグ独自のタッチ・ビューには、パラメーターのエディットを画面上で行えるタッチ・ドラッグ機能を追加。実際の楽器の外観やツマミのイメージ画像を多用した表示と相まって、よりリアリティのある操作感を実現している。ファインド機能による音色検索や、USBキーボードを接続してのテキスト入力、メーター機能なども加わった。

 ラインナップは初代と同じく88鍵/73鍵/61鍵で、全モデルに天然木のサイド・パネルを採用。充実した中身にふさわしい風格のあるルックスも、多くのシンセ・ファンの心をくすぐることだろう。

KORG / KRONOS(73鍵)

KORG / KRONOS(61鍵)

製品情報 デジマートでこの商品を探す

KORG / KRONOS
価格:オープン デジマートでこの商品を探す
【スペック】
●鍵盤:88鍵/73鍵=RH3(リアル・ウェイテッド・ハンマー・アクション3)鍵盤、61鍵=ナチュラル・タッチ・セミ・ウェイテッド●シンセシス方式:9種類=SGX-2 Premium Piano、EP-1 MDS Electric Piano、HD-1 High Definition Synthesizer、AL-1 Analog Synthesizer、CX-3 Tonewheel Organ、STR-1 Plucked Strings、MOD-7 Waveshaping VPM Synthesizer、MS-20EX、PolysixEX●エフェクト:インサート・エフェクト=12系統、マスター・エフェクト=2系統、トータル・エフェクト=2系統、ティンバーEQ=1ティンバーにつき1基の3バンドEQ、エフェクト・タイプ=197種類(すべてのエフェクト・タイプをインサート、マスター、トータル・エフェクトとして使用可能)●シーケンサー/レコーダー:16トラックMIDIシーケンサー+16トラック・オーディオ(ハード・ディスク)・レコーダー+1マスター・トラック、ソング数=200●外形寸法:88鍵=1,433(W)×371(D)×148(H)、73鍵=1,221(W)×371(D)×148(H)、61鍵=1,040(W)×364(D)×134(H)●質量:88鍵=24.1kg、73鍵=21.1kg、61鍵=14.3kg
【問い合わせ】
コルグ http://www.korg.com/jp/
デジマート・マガジン

TUNECORE JAPAN