楽譜作成ソフトの最新バージョン「Finale 2014」が発売

MI7 Finale 2014 日本語版

PRODUCTS by RandoM編集部 2014/03/05

finale2014_box

世界で250万人に支持されている楽譜作成ソフトウェアFinaleの最新バージョンとなる「Finale 2014 日本語版」が発売された。Finaleが誕生してから25周年を迎える2014バージョンには、スマートかつ格調高いデザインへ刷新、ファイル形式の変更、Mac版におけるフレームワークの載せ換えといった大きな進化とともに、数々の新機能が追加されている。

最新バージョンのFinale 2014は、ピアノ譜からオーケストラ・スコア、タブ譜、パーカッション譜、和楽器や現代音楽まで、様々なジャンルの楽譜でも柔軟に記譜することができる。さらに、MIDIやオーディオの機能により、作成した楽譜を印刷するだけでなくプレイバックして耳でも確認し、作品としても鑑賞することが可能だ。

Finaleでは、”Garritan Personal Orchestra”、”Jazz & Big Band”、”Concert & Marching Band”、”World Instrument” およびスタインウェイ社公認の”Steinway libraries”から、世界に認められた選りすぐりの楽器サウンドが楽しめるだけでなく、”Tapspace Virtual Drumline”のサウンドも搭載されている。

さらに、自分のスタイルに合わせて楽譜をカスタマイズでき、記譜フォントからコード記号、拍子記号からスペーシング、歌詞からパーカッション記譜にいたるまで、楽譜の外観を自由に選択できる。使い方は簡単でFinaleのセットアップ・ウィザードで楽譜書式を選択するだけで、出版楽譜と同様のクオリティを実現。なお、カスタマイズしたい部分はすべて手動で設定できるので、見た目もサウンドと同じぐらいに個性的な楽譜を作成できる。

製品ラインアップは、パッケージ版/ダウンロード版に加え、アカデミック版、ガイドブック・バンドル版、クロスグレード版、各種バージョンアップ/アップグレードなどを用意。公式ウェブサイトから体験版をダウンロードできるので、楽譜作成ソフトウェアの最高峰を体感してみてはいかがだろうか。

MI7

Finale 2014 日本語版

オープンプライス
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
エムアイセブンジャパン
TEL: 03-3568-8826 http://www.mi7.co.jp/

TUNECORE JAPAN