JBLがパワフルなサウンドを備えたパワード・スピーカー「PRX700 Series」の販売をスタート

JBL PROFESSIONAL PRX710/PRX712/PRX715/PRX725/PRX715XLF/PRX718XLF

PRODUCTS by RandoM編集部 2014/01/30

PRX700 Series

JBL PROFESSIONALが送り出す「PRX700 Series」には2-Wayフルレンジのスピーカーからサブウーファーを含めた全7機種がラインナップ。さまざまなシーンで活躍する多彩な機能を持ったパワード・スピーカーは2014年1月30日より発売される。

フルレンジスピーカーの高域には1.5インチ環状ポリマー製ダイヤフラムのコンプレッション・ドライバーを採用し、歪率を低く抑える事に成功。低域には、数多くのコンサートツアーで実績を重ねた独自のディファレンシャルドライブ技術(PRX710を除く)でインピーダンス特性を平坦にし、再生帯域を拡張している。A/D変換部には、信号制御技術で定評のあるdbxのType IVリミッター回路を搭載し、ダイナミックレンジを最大化。また、パワフルなクラスDアンプを搭載しており、フルレンジモデルはバイアンプ駆動で、各帯域を効率的にドライブし、高出力を実現。2-WayフルレンジのPRX715は、最大音圧136dB SPLを達成する。

2系統の信号(ch1/ch2)を入力可能で、チャンネルごとにXLR/標準フォーンの複合型端子とRCA端子(フルレンジのみ)を備えており、様々な機器を直接接続できる。また、フルレンジモデルにはマイク/ラインレベルの切り替えスイッチ(ch1のみ)や音質を補正するEQスイッチを、サブウーファーには位相反転スイッチを搭載している。さらに、フルレンジモデルのスピーカーからの出力信号は「ch1のみ」「ch2のみ」「ch1とch2のミックス」から選択可能で、ミキサーを使用することなく、信号を制御することが可能だ。

パワフルな音だけでなくこのPRX700 Seriesでは、入力信号がない状態で約3分が経過すると、自動的にスタンバイ状態に切り替わるパワーセーブ機能を搭載。スピーカーの設定状態や信号の状況は、背面パネルにある各LEDインジケーターで、暗い場所でも確認可能だ。さらに、ポールマウントソケットを装備し、下向きでも設置ができるフルレンジもあるので、展示会や企業催事、レセプションやライブ・イベントなどで活躍が期待できる。

JBL PROFESSIONAL

PRX710/PRX712/PRX715/PRX725/PRX715XLF/PRX718XLF

PRX710(135,000円 )/PRX712(145,000円 )/PRX715(165,000円/PRX725(210,000円 )/PRX735(210,000円 )/PRX715XLF(205,000円 )/PRX718XLF(225,000円)
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
ヒビノプロオーディオセールス Div.
TEL:  03-5783-3110 http://proaudiosales.hibino.co.jp/

TUNECORE JAPAN