ステージ・レコーディングやライブ演奏に使える「Auto-Tune Live」のパッケージ版が発売決定

Antares Auto-Tune Live

PRODUCTS by RandoM編集部 2014/01/20

atl

オートチューンでテクノからヒップホップシーンを変えた米国のアンタレス社からステージレコーディングやライブ演奏に最適化したプロ仕様ピッチ補正ソフト「Auto-Tune Live」のパッケージ版が2014年2月14日に発売される。

アンタレスは、フランスのテクノ・ユニット=ダフトパンクからヒップホップではT-ペイン、カニエ・ウェスト、リル・ウェイン、エイコンなどが使用するオートチューン機能を開発している。そんな同社からこのほど、スタジオでのボーカル・レコーディングとステージでのパフォーマンスに最適化されたAuto-Tune Liveが登場した。

これまでのAuto-Tuneシリーズ同様、ボーカルや単音楽器のピッチ補正もでき、スタジオ作業のための超低レイテンシー動作を強化。パラメーターはMIDIコントローラーでリアルタイムに操作でき、ステージ・パフォーマンスに最適だ。また、ハーモナイズ機能やナチュラルビブラートコントロールによって自然なオートチューンを楽しめるようになっている。

Antares

Auto-Tune Live

23,000円(税抜)
※表示している価格はニュース掲載時点のものです。また税込/税抜についてはメーカーの表示したものに準じて記載しています。

問い合わせ
イーフロンティア
TEL: 03-5206-1126 http://music.e-frontier.co.jp/

TUNECORE JAPAN